旅行のヒント
予約

アメリカのクルーズ

アメリカ国内クルーズについて

今年も1,000万人近くの人々がアメリカ国内の港からクルーズに出かけます。これらのほとんどのクルーズはフロリダ州で乗船し、様々な目的地に向かうか、またはカリブ海周辺に向かいます。マイアミはケープカナベラルとジャクソンビルに近い、アメリカ国内で最も人気なクルーズ港です。クルーズ目的地には東部と西部のカリブ海のトロピカルな島々を含んでいるか、またはメキシコ、中央アメリカあるいは南アメリカの海岸沿いのエキゾティックな港を含んでいます。

アラスカは夏期間の他の人気なクルーズ目的地です。広大な自然保護地域およびアクセス可能な野生動植物のある北部カナダとアラスカ海岸の美しい風景は、この魅惑的な亜北極地方に多数の観光客を引寄せます。アラスカへのクルーズ船はワシントン州シアトルやバンクーバー(カナダ)から出航します。

クルーズはハワイ諸島がとても人気です。ハワイの様々な観光スポットがいくつかの異なる島に散在していることから、クルーズは多数の観光地を訪れる人気な方法です。

クルーズの種類

クルーズには1人で参加する、贅沢を探している、退職者または家族のための物があります。クルーズには推理小説好き、冒険好き、シングル、ハネムーン、さらにもっと多数の種類があります。また、ホリデークルーズの人気も増加しています。クルーズは料金、期間、船のスタイル、サイズ、乗客数において異なります。クルーズを選択する際、何を考慮すべきでしょうか?

誰がいくのか? ほとんどのクルーズは皆に楽しみを提供しますが、一部のクルーズは特定グループにより向いています。若いカップルには楽しい雰囲気でお手頃料金のロイヤル・カリビアン(Royal Caribbean)が好まれ、子供連れの家族はディズニークルーズ(Disney cruises)を楽しみ、熟年者にはより豪華で乗客が少ないクリスタル(Crystal)が好まれます。

Carnival Cruise Lines © Carnival Cruise Lines
クルーズ船は、クルーズ中にどの年代の乗客の人たちでも楽しめるように、無制限な船内アクティビティを提供しています。

いつクルーズに行きたいか? 夏や冬は子供たちの学校休暇で、暑さまたは寒さが訪れる時に人々がどこで過ごしたいか知っているので、最も人気なクルーズシーズンです。秋や初春にクルーズに行く事を決めた場合、ローシーズンであるとともに、秋は台風シーズンでもあるので、とてもお値打料金を見つけられるでしょう。

どこに行きたいか? 今日、クルーズはどこにでも運行されています。恐らくあなたの目的地に導くものを見つけることができるでしょう。最も人気な目的地は下記のカテゴリーをご覧ください。

  • アラスカ
  • ハワイ
  • 南部、西部、東部カリブ海
  • バミューダ諸島

どれくらいの期間クルーズに行きたいか? クルーズは3泊から数週間までと旅行ができます。すべての人がそうとは限りませんが、多数の人々は初回クルーズにはより短期間のクルーズを選択します。

幾らくらいの料金でクルーズに行きたいか? クルーズの料金を出す場合、通常往復航空運賃は含まれていません。クルーズ船設備、滞在期間、旅行目的地、季節により、クルーズのみの料金は$400から数千ドルになります。平均的クルーズ料金は1人$500です。概して、小旅行など追加料金として諸経費一日$75~100を見積もっておくべきです。お忘れなく、クルーズ合計金額には全経費に小旅行費が足され、公示料金の2倍または3倍になります。

傾向

ロマンスファンまたはシングルの人たちに人気なテーマクルーズ、さらに愛読家、ワイン愛好家、冒険家、スポーツ好きの人たちのためのニッチ・マーケットクルーズが、ますます勢いを増しています。一時期クルーズ産業は下火になりましたが、今日ではより多くの人々が日常の心配事を後に残し、ホリデークルーズに出かます。他の傾向は、より多くの事を乗船している子供たちに提供しています。クルーズ船には、デイケアタイプのサービスから自然プログラムのゲーム、言語クラス、港遠足まで提供しています。

クルーズライン

北アメリカには20以上のクルーズラインがありますが、ほとんどの人々は主要クルーズラインで旅行します。

カーニバル・クルーズライン(Carnival Cruise Lines) は主要クルーズ会社で、多数の若いカップル、シングルの人たち、パーティーグループを魅了する「楽しいクルーズ」の商標を長期間維持しています。カーニバル社は最も革新的なクルーズ会社のうちの1つであり、短期クルーズおよび高級志向の人たち向けのクルーズ業界開拓を行ないました。

セレブリティ・クルーズライン(Celebrity Cruise Lines)は、プレミアムクルーズのリーダー的会社であり、高級サービスに重点を置いています。セレブリティ・クルーズライン社ではより魅力的な高級設定で、家族連れにはそれほど人気がありません。セレブリティ社は快適な設備が特徴です。豪華なクルーズ船滞在にするために、すべての事に対して細心の注意が払われます。

クリスタル・クルーズライン(Crystal Cruise Lines)は、「最高のクルーズライン」として知られ、長年に渡り賞を受賞しています。ヨーロッパスタイルのサービスとクラッシックな装飾がクリスタル社を明確にし、他の平均的高級クルーズラインから別離しています。クリスタル社では、乗客へのスタッフ配置率および航海中の乗客空間率が最も高いなどを含む、多数のユニークな特徴を提供します。

キュナードクルーズライン(Cunard Cruise Line)は、ただ一隻の豪華客船クイーンメリー2で知られる世界的に有名なクルーズ船です。キュナードクルーズライン社のキーワードは高級でとても高価です。この船のサービス、プライバシー、クルーズそして優遇への評判のため、皇族、大富豪、映画スターはこの船に乗り世界各地を周遊します。

ディズニー・クルーズライン(Disney Cruise Line)は、小さな子供連れの家族が選ぶクルーズです。ディズニー・クルーズラインには、ワンダーとマジックの2つのクルーズ船がありますが、両クルーズ船ともに約3,000人の乗客を収容できます。若いプログラムリダーたちが乗船中と下船中に子供向けの多数のアクティビティを行い、これらプログラムは特定年齢グループごとに企画されています。

ホーランドアメリカ(Holland America)は、130年以上の実績があり、12隻の最高級の豪華客船をとても識別あるお客様に提供しています。クルーズ船の規模は800人から2,000人まで収容可能で、装飾スタイルは近代風からクラッシックヨーロッパ風までに及びます。

ノルウェージャン・クルーズ ライン(Norwegian Cruise Lines)は、最初に紹介されたフリースタイルのクルーズラインで、多数の異なるレストランでカジュアルからフォーマルまで様々な食事の選択があります。また、ノルウェージャン・クルーズライン社はアメリカ周辺を旅行でき、数箇所の港に立ち寄ることがでる、ホームスタイルのクルーズを提供しているという点でユニークです。

プリンセスクルーズライン(Princess Cruise Lines)は、アメリカ国内で引き続きトップに立つクルーズ会社です。プリンセスは大きさ、スタイルまたはお好きな宿泊施設レベルのある15隻以上の大規模クルーズ船です。プリンセス社のクルーズ船は700から2600人の乗客を収容でき、革新的設備の最新版を提供します。

Radisson Seven Seas © Radisson Seven Seas
ラディソン・セブンシーズクルーズ船の後ろにあるウォータースポーツ用プラットフォームは、乗客の人たちが保護された水域内でカイヤックをすることを可能にします。

ラディソン・セブンシーズ(Radisson Seven Seas)は、小中クルーズ会社のトップ会社です。ラディソン社は六つ星クルーズ船でとても上級階級向けです。ラディソン社の6つの各クルーズ船は平均200から700人の乗客を収容し、乗客を特定嗜好に魅了するユニークな設備があります。

ロイヤル・カリビアン(Royal Caribbean)は、世界で最大規模のクルーズ船を持っており、誰の予算にも合うお手頃料金です。ロイヤル・カリビアン社は、その魅力のため「中流階級」クルーズラインと考えられ、冒険的なクルーズでとても活動的な事に興味がある人たちを多数魅了します。また、25隻のクルーズ船には、クルーズ業界で最も革新的な設備が備わっています。

宿泊施設

平均的クルーズ船のほとんどの宿泊施設は、ホテルの客室よりとても小さいです。部屋を選択する時、どれくらいの時間を部屋で過ごすか、何人がその部屋で滞在し、旅行が何日かを考えましょう。もっとお金を支払っても良いのなら、より大きな部屋を得ることができます。平均的な客室には2つから4つのベッド、1つのドレッサー、1つのクローゼット、そしてトイレ、洗面台、シャワー付きバスルームが備わっています。

食事

クルーズ船はダイニングルームの室内装飾と上品さに誇りを持っています。テーブルでは、様々なスープ、サラダ、前菜、メイン料理、デザートを選択します。アメリカの主食には、様々な国際的な選択があります。ほとんどのクルーズ船にはお子様向けメニューがあり、どのクルーズ船にもルームサービスがあります。また、多数のクルーズ船には24時間営業のスナックバーもあります。

遅く起きた場合、朝食はダイニングルームまたは上部階でサービスされます。昼食は、一般的により時間がフレックスで、昼食はほとんどのダイニングルームではドレスコード(服装制限)を要求しません。アフタヌーンビュッフェはほとんどのクルーズ船で一般的であり、たいてい午後3時ごろ開始します。たいていのクルーズ船には、一日中食事やスナックを食べられる多数のレストランおよび/またはバーもあります。ミッドナイトビュッフェは、クルーズ業界の伝説的な特徴です。平均的なビュッフェでは、多数の温サラダや冷サラダ、様々な冷たいシーフード、多種の温かい一口料理や冷たい一口料理、チーズ、フルーツ、パンやロールパンなどがあります。様々な温かいメイン料理があり、たいてい1つのテーブルがデザート用にたけ使用されます。

Cruise ship © MSC Cruises
カリブやハワイのような温かい気候のクルーズでは、スキューバーダイビング、スノーケリング、ウォータースキー、水泳、ボート乗り、カイヤック、魚釣り、セーリング、さらに多数のウォータースポーツがあります。

アクティビティとエンターテイメント

乗船中のアクティビティのリストは無制限です。フィットネスとヘルスには、ほとんどのクルーズ船ではデッキ周辺の歩行路とともに、各種フィットネス、スパ、サロンサービスを提供しています。また、すばらしい洋服、ジュエリー、個人用品のお店やブティックもあります。全種類の無料クラスやレッスンとともに様々なプールサイドのアクティビティもあります。1週間クルーズには1回のセミフォーマルな夜および1回の伝統的フォーマルな夜があります。追加として、クルーズ旅行中のエンターテイメントには贅沢なダンスショーや軽いコメディ劇が含まれます。今日、ほとんどのクルーズ船には、最近上映された映画を鑑賞できる映画館があり、各広間には映画やネットワークショーを見られるテレビが備わっています。

ジャズ、フラメンコ、ディスコ、ポップ、ブルース、ライブエンターテイメント、ラウンジシンガー、バンド、さらにもっと多数の異なるエンターテイメントで多数のテーマを持つ様々なバーやナイトクラブがあります。ディズニークルーズを例外として、ほとんどのクルーズ船にはカジノがあり、その中のいくつかはスタイルとテーマがとても豪華です。たいていのクルーズ船では、幼児、小学生、中学生、ティーンエイジャーの4グループに分かれる子供向けアクティビティとプログラムがあります。子供たちはゲームやコンテストで遊び、映画を鑑賞、動物探し、さらにもっと多数のことをして遊びます。

小旅行

楽しい時間を過ごすためにクルーズ船を離れる必要はありませんが、小旅行はより多くのアクティビティと楽しみを提供します。カリブやハワイのような温かい気候のクルーズでは、スキューバーダイビング、スノーケリング、ウォータースキー、水泳、ボート乗り、カイヤック、魚釣り、セーリング、さらに多数のウォータースポーツがあります。島または都市全体の観光バスツアーやウォーキングツアーも常時あります。ハングライダーやヘリコプターツアーなどの空中アクティビティはとても限りがありますが、お金がある場合は試してみる価値があります。小旅行に興味がない場合、常に買物はオプションです。

クルーズのヒント

  • お金を節約するにはオンラインで小旅行を予約しましょう。予約代理店が正当であるか確かめるには次の協会に確認を取りましょう:ARC、IATA、ASTA、ARTA、CLIAまたはNACOA。
  • 6ヶ月前かまたは直前(危険を冒しても良ければ)にクルーズを予約しましょう。
  • 子供が学校を休む事を心配する必要がない場合、オフシーズンに予約しましょう。
  • グループ予約する場合、通常集団割引を得ることができます。
  • 毎日の予算を設定し、クルーズ船滞在中の支出を記録しましょう。クルーズ終了時に支払いを精算することになりますが、クルーズ船滞在中の支出を記録しておかないと、総支払い金額がショッキングになることもあります。
  • 小旅行を決める場合、ツアーを買う前に考えてください。特定アトラクションを見学したいだけならば、レンタカーをするかまたはタクシーに乗れば、すべての追加金額を避けられます。

評価を見ましょう

非常に多数のクルーズの選択があるので、評価を読む事はどのクルーズラインにするか、またはどの旅行日程にするかなど、自分に一番合ったクルーズを選択するのに違いが生じます。多数のウェブサイトは、クルーズラインのサービス、目的地、客室の質、アクティビティ、食事、さらにもっと多くの事についての評論を専門に取り扱っています。また、どの小旅行が一番でどれを避けるべきかの多数のヒントを得る事もできます。ほとんどの主要旅行ウェブサイトには、ヒント、評価、ニュースを含むクルーズ欄があります。クルーズ体験の評価を独占的に取り扱っているサイトもあります。

原作筆者: Angela Winters
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Crystal Cruise Lines
写真詳細: アラスカ州のハーバード氷河のクリスタル・クルーズ・ラインズ・ハーモーニー