--- --- USATouristƒjƒ…[ƒXƒ}ƒKƒWƒ“
USA Tourists 2012 Hotel and Car Rental Discounts

USATouristニュースマガジン

2007年7月号

今月号の主な内容:

USATouristニュースマガジン2007年7月号へようこそ。今月はカリフォルニアの北部海岸に位置し、観光客を魅了し、とても背の高い人をも感動させる魔法の地域を訪れます。その場所はレッドウッドの森と呼ばれています。

レッドウッドの森

今日、レッドウッド国立公園 (www.nps.gov/redw/) 地域がとても珍重され保護されている一方で、1850年代特に増加し続ける金採掘者の人口とともにこれら森林地帯は材木の良い資源とされていました。160年以上前にはレッドウッドの森は広さ200万エーカー以上に及んでいましたが、今日ではその4割以下の面積しかありません。
Chandelier Drive-Thru Tree

Chandelier Drive-Thru Tree
© USATourist.com

レッドウッドの平均樹齢は500~700歳で、高さ200~250フィート(61~76メートル)ですが、レッドウッドの原生林のなかには樹齢2000歳以上、高さ300フィート以上(91メートル)に成長する木もあります。西暦2000年以来、ハンボルト・レッドウッド州立公園に生息するストラトスフィア・ジャイアンツが「世界で最も高い生きた木」と登録されました。この記録は、2006年にハイパリオンという名前のレッドウッドが「世界で最も高い生きた木」と確認されるまで続きました。ハイパリオンは北カリフォルニアの斜面に生息し、高さが379.1フィート(115.55メートル)です。ハイパリオンの生息する場所は、カリフォルニアの森林生息系を尊重するために最もよく保護されている奥地です。また、ヘリオスとイカルスという名の他の2本もストラトスフィア・ジャイアンツよりも高い木として発見されました。

巨大樹を多くの場所で見学できます。アベニュー・オブ・ザ・ジャイアンツは美しい31マイルに及ぶ旧高速道路101号線(国道 101号線に沿った)です。より有名な木のアトラクションは3つの人口ドライブスルー・ツリーです。これら3本の木はレッドウッド国立公園の外、国道101号線に面した個人所有地内にあります。各ドライブスルー・ツリーは有料です。

シュライン・ドライブスルー・ツリーはマイヤーズフラットにあります。さらに「ドライブオーバー・ツリー」(倒れたレッドウッドの丸太)、子供たちが楽しめる2階建てのツリーハウスもあります。シャンデリア・ツリーはハンボルト・レッドウッド州立公園の南のレゲットにあります。クラマス・ツアースルー・ツリーはトリニダード(カリフォルニア州)の北に位置しています。かつてヨセミテ国立公園内には4つのドライブスルー・ツリーがありましたが、1968年に有名なジャイアント・セコイアの「トンネル・ツリー」が倒れてしまいました。しかし人口トンネル・ツリーは国立公園の自然環境には不似合いな物です。

地元の建築物

樹木だけがレッドウッド地域の観光スポットではありません。ビクトリア様式の建築が好きな人にはユーリカの都市で多数の美しい建築物を見学できます。ウイリアム・カースン・マンションは最も有名なビクトリア様式の建築です。このビクトリア様式のマンションは建築家のサミュエル・ニューサムとジョセフ・ニューサムによりデザインされ、1884年から1885年にかけて建築されました。今日、このマンションはインゴマールクラブという会員制クラブとして知られています。 www.ingomar.org

1973年に、美しいデザインのこれらビクトリア様式の建築物を保存する計画からユーリカ歴史協会が創設されました。12年間に及ぶ長期プロジェクトは、10,000軒のユーリカの建築物を分析し、その後1,600軒の建築物が最終的に検査されるために選択されました。その最終結果は本「Eureka: An Architectural View」にまとめられ、また歴史的な建築物に関しての詳細コレクション「グリーンブック」として知られています。 www.eurekaheritage.org/green_css.html
Carson Mansion

Carson Mansion
Photo by Don Forthuber
Courtesy Humboldt County CVB, redwoods.info.

Blue Ox Millworksでは、1800年代のビクトリア様式の職人技術が今日まだ使用されていることを見学することができます。各自ガイドツアーから1日観光パッケージまで、様々なツアーが利用できます。1日観光パッケージは予約が必要で、最低参加人数10人が必要です。このツアーで楽しい1日を過ごすことができます。この1日観光ツアーにはガイドツアー、解説付き地元ビクトリア様式の建築ツアー、かじ屋とセラミックの仕事場見学、バーベキューランチ、職人のベーブ&ブルー による説明等が含まれています。Blue Oxのウェブサイトメインページのツアーレートページにて料金およびツアー時間をご覧ください。 www.blueoxmill.com

ハンボルト・ビクトリア様式建築物のBlue Oxのギャラリーを是非訪れましょう。 www.blueoxmill.com/VictorianGallery.htm

宿泊場所について言えば、サモア・クッキングハウスは地元のレストランであり、すべての観光客は旅行中に必ず立ち寄るべき場所です。このレストランは他には類の無いとてもユニークなレストランです。このレストランの何がそれほど特別なのか?このレストランは山林伐採時代を思い出さる物があります。「伐採キャンプスタイル」の大きなお皿で料理がテーブルまで運ばれて目の前で各自に料理がふるまわれます。おかわりは無料です。食事後、隣接した山林伐採時代の記念品を展示する博物館を訪問しましょう。

面白い事実

トール・ツリー・グローブ内で撮影された映画スターウォーズシリーズ「ジェダイの復讐」の一部など、いくつかの映画シーンがレッドウッドの森で撮影されました。「ロスト・ワールド/ジェラシック・パーク」の数シーンがプレイリー・クリーク・レッドウッド州立公園内で撮影されました。1995年に上映された「アウトブレーク」はプレイリー・クリーク・レッドウッド州立公園とパトリックス・ポイント州立公園で撮影されました。

最も人気なメディアイベントは、環境保護活動家のジュリア・バタフライヒルが2年間ルナの樹木でキャンプをしたことでした。彼女は高さ180フィートの樹上に建つ6×8フィートの木の家に住み、森材伐採会社のパシフィックランバーカンパニーに抵抗しました。彼女の抵抗により広さ3エーカーの地域内に生息するルナの樹と全ての森林が救われました。

一番簡単な行き方

レッドウッド地域はサンフランシスコの北へ約5時間のところに位置しています。アルカタ/ユーリカ空港(ACV)はハンボルト郡の国内線空港です。現在、ホライゾン航空およびユナイテッド航空が接続フライトを運航しています。空港で簡単にレンタカーの手配をすることができます。
フライト検索www.usatourist.com/japanese/reservations/Reservations-Flights.html
レンタカー検索www.usatourist.com/japanese/reservations/Reservations-Cars.html
Toppled Tree Roots

Toppled Tree Roots
© USATourist.com

宿泊場所

この地域には多数のベッドアンドブレックファーストとホテルがあります。レッドウッドの森から20マイルのところにある魅力的なベッドアンドブレックファーストのショー・ハウスイン・ベッドアンドブレックファーストは、ファーンデール(カリフォルニア州)の歴史的なメイン・ストリート地区に位置しています。

ユーリカ市内に滞在希望の場合、1882年に建築されたビクトリア様式のシップス・イン・ベッドアンドブレックファーストは、ユーリカの歴史的オールドタウンとハンボルト・ベイ・ボードウォークから1.5マイル以内、そしてカースン・マンションから1マイル以内の場所に位置しています。ユーリカのオールドタウンには楽しい買物とすばらしいレストランがあります。
ホテル検索www.usatourist.com/japanese/reservations/Reservations-Hotels.html

スペシャルツアー

サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡り、ミュア・ウッズの自然への風景が楽しめます。このすばらしい8時間の旅行には、ジャイアント・レッドウッドのガイドツアー、趣のある海岸の町サウサリートとウィンチェスター・ミステリー・ハウスの観光が含まれています。 情報および予約詳細はここをクリック。

今月号USATouristマガジンをご覧頂きありがとうございます。来月はテキサス州ダラスとフォート・ワースに関する特集を予定しています。

原作筆者: Elizabeth L. Blair

訳:Yoko Sugiyama


USATouristメールリストに登録いただいたお客様だけに、このEメールを配信しています。もし今後ニュースレターが不要の場合は、登録解除をこちらからお願いしますwww.usatourist.com/japanese/maillist/unsubscribe.html.

これまでのUSATouristニュースマガジンをご覧いただけますwww.usatourist.com/japanese/maillist/archive.