USA Tourists 2012 Hotel and Car Rental Discounts
USATourist.com USATourist News Magazine by Elizabeth Blair
Navigation Bar

ニュースマガジン

2008年2月号 - フィラデルフィア(ペンシルバニア州)

今月号の主な内容:

USATouristニュースマガジン2008年2月号へようこそ。今月は、フィラデルフィア(ペンシルバニア州)を訪れます。「フィリー(フィラデルフィアの略)」は、歴史、チーズステーキ、ロッキー・バルボで知られている町です。今日、これらをどこで見つけられるかお教えしましょう。フィラデルフィアは、ニューヨークワシントンDCアトランテイックシティからドライブできる距離内です。これら地域の「すべてを見る」方法を探している場合、当社北東部ドライブの旅ページをご覧ください。

有名な歴史的スポット

Independence Hall

独立記念館写真撮影Paul Bencivengo

フィラデルフィアはアメリカ国内で最も古い都市であり、歴史的アトラクションがあふれるほどたくさんあります。ほとんどの歴史的アトラクションは入場料金が無料またはとても料金が安く、それぞれのアトラクションが隣接して建っています。歴史的地区のハイライトには次のものが含まれます。

ベッツィー・ロスの家は、アメリカの星条旗を最初に縫ったベッツィー・ロスの名前にちなんでおり、239 Arch Streetにあります。ベッツィー・ロスの悲劇的な生涯とともに、250年前に建てられた家について学びます。(入場料:大人1人$3/子供1人$2)

1732年~1756年に建設された独立記念館は、ペンシルバニア州の州議事堂として使用されていました。独立宣言およびアメリカ合衆国憲法がここで署名されました。独立記念館へのアクセスは、入場当日に受取った入場時間が決まったチケット(3月1日~12月31日)を持っていると入場無料です。予約を希望する場合、チケット料金は1人$1.50です。

自由の鐘センターは、この地域で最も人が訪れる観光スポットです。重量2000ポンド(907 kg)のこの鐘は、1846年のジョージ・ワシントン誕生祝賀会でひびが入って以来、鐘が鳴らされていません。

クライスト・チャーチ墓地は、植民地時代および独立の功労者が埋葬されており、独立記念館ビジターズセンターの向かい側に位置しています。発明家・科学者・政治家のベンジャミン・フランクリンを含む、多くの歴史上の人物が埋葬されています。20分のウォーキングツアーが主催さています。(料金大人1人$2)

フィラデルフィアのアトラクションはこれだけではありません。このリンクから他の多くの史跡およびアトラクションのリストをご覧ください。 www.ushistory.org/tour

Philly Cheesesteak

フィラデルフィア・チーズステーキ写真撮影: Edward Savaria, Jr.

フィラデルフィア・チーズステーキ

本物のフィラデルフィア・チーズステーキを食べずにフィラデルフィアの旅行は完了しません。1930年にパット・オリビエリによってオリジナルのチーズステーキが作られました。今日、老舗のPat's King of Steaksは、オリジナルの場所である南フィラデルフィアの9th StreetとPassyunk Avenueの交差点にあります。通りの向かい側には、人気があり同じくらい美味しいもう1つのチーズステーキ店Geno'sがあります。両店は24時間営業していて、バー閉店後の真夜中にお店のドアから人が一列に並んでいるのを見て驚かないでください。

BYOB

フィラデルフィアのユニークな特徴の1つは、地元のレストランで人気な各自の好きなお酒を持ち込めることです(Bring-Your-Own-Bottle=BYOB)。ほとんどのBYOBレストランではアルコール類を扱うライセンスを持っておらず、アルコール類を出さないことを意味しています。一部のレストランはアルコールを出しませんが、これらのレストランではお客が各自アルコール類を持ち込むことを許可する特定日を指定しています。

お酒を飲む人なら、BYOBのオプションは飲食料金をとても節約します。大フィラデルフィアの公式ビジターサイトの対話型 BYOBレストラン・マップをご覧ください。

ロッキー・バルボ

一部の観光客は1つの使命を心に抱いてフィラデルフィアに来ます。それは1976年の人気映画ロッキーのロッキーがフィラデルフィア美術館の階段を駆け上がる場面を再現することです。ロッキー映画6シリーズのフィラデルフィア内ロケ地を見学することに興味がある場合、GoPhila.comではロッキーファンのために2日間のロッキー伝説フィラデルフィアの週末ツアーを主催しています。フィラデルフィア美術館にあるロッキー像で写真を撮るために、カメラを持参することをお忘れなく。

Philadelphia Museum of Art

フィラデルフィア美術館 写真撮影 Edward Savaria, Jr.

滞在場所

多数のホテルが、フィラデルフィア国際空港から7~8マイルの場所にある歴史地区から歩いて行ける距離内です。ベスト ウェスタン インディペンデンス パーク ホテルは、ペンズ ランディングとフィラデルフィアのウォーターフロントからたった2ブロックで、無料ブレックファースト、無料平日新聞、無料アフタヌーンティとクッキーを提供しています。

チェーン・ホテルを避けたい場合、ペンズ・ビュー・ホテルは家族経営で、自由の鐘と独立記念館から短時間の散歩距離です。

ベスト ウェスタン フィラデルフィアはフィラデルフィア市内および近郊に17軒のホテルがあり、一泊料金は$75からです。

他の宿泊施設オプションはこちらからご覧ください: http://www.usatourist.com/japanese/reservations/Reservations-Hotels.html

アメリカ旅行ヒント:今はホリデーも終わり、空港のセキュリティ検査待ちのラインも通常通りに戻っています。一部の空港は他の空港よりセキュリティ検査ラインがはるかに長いです。旅行に出発する前にアメリカ運輸保安局のウェブサイトで空港待ち時間をチェックしましょう。

フィラデルフィアツアーとお値打旅行

2階建バスツアー - 今、本物のロンドンの2階建てバスの上から、フィラデルフィアのユニークな歴史と美を経験できます。フィラデルフィア市内オープントップのツアーは、最も壮観な眺めが楽しめ、そして十分にトレーニングされ親しみあるガイドの愉快な実況説明がお楽しみいただけます。20以上の停車場所で好きな時に好きな場所で乗下車して、自分のペースでフィラデルフィアを見学する、またはただくつろいで歴史と日光を楽しみましょう!

Liberty Bell

自由の鐘写真撮影Anthony Sinagoga

セグウェイ・ツアー - 観光旅行界の最新の大流行はセグウェイ(次世代スクーター)です!フィラデルフィア美術館、ベンジャミン・フランクリン・パークウェー、ボートハウスが建ち並ぶ通り、フェアマウント公園のようなフィラデルフィアの観光地を楽に乗り回すことができます。所要時間2.5~3時間の実地訓練セッション付きガイドツアーは、 快適にセグウェイを乗り回せるようになるには十分です。参加人数9人までのツアーは、フィラデルフィア美術館の階段の向かい側にあるEakins Ovalから出発します。

MP3 ウォーキングツアー - ベン・フランクリンと彼の友達の例にならい、アメリカの最も歴史的な通りを探検しながら、自分のプレーヤーでMP3のオーディオ説明を聞きましょう。独立記念館、世界的に有名な自由の鐘、国立憲法センター、ベッツィー・ロスの家、ソサエティ・ヒル、ペンズ ランディング、そしてもっと多くの場所を訪れます。アメリカの最も古いお菓子屋でキャンディーを味わい、幸運のためにフランクリン氏の墓にペニーを投げましょう。

Philadelphia Pass -フィラデルフィア市内の最良のアトラクションでお金を節約!独立記念館、自由の鐘、ペンズ ランディング、南フィラデルフィア、マーケット・ストリート、さらに多くのアトラクションに入場できます。一度パスの料金を支払うだけ!Philadelphia Cardでフィラデルフィア市内25以上のトップアトラクションに無料入場です。 

もっと多くのオプションに関する情報は、当社フィラデルフィア・ツアーページをご覧ください!

USATourist最新情報

当社は、サンディエゴの真南に位置する国境の都市、ティフアナ(メキシコ合衆国)ページを追加しました。是非、この楽しい観光地に関するページをご覧ください。

当社フォーラムの新規メンバーの方を歓迎いたします。まだUSATourist フォーラムをご覧になっていない場合、是非この機会にご覧ください。当社では、皆様のアメリカ旅行に関するお話をお待ちしています。

ニュースマガジン質問回答

今月の質問を回答するにはUSATouristニュースマガジンフォーラムを是非ご覧ください。旅行する際、レンターカーを借りますか?

新コンテスト

次のコンテストの時が来ました。当社では、1名のラッキーな受賞者の方に北アメリカボードゲームからさらにポストカードをプレゼントいたします!このボードゲームは、アメリカ全土のワイルドな冒険へとお連れします。このゲームには60枚以上の美しいポストカードが含まれており、国定公園から大都市のトップアトラクションまで、いろいろ訪問します。詳細に関しては、当社のコンテスト・エントリページをご覧ください。

来月はツーソン(アリゾナ州)に関する特集です。またお会いしましょう!

楽しく安全なご旅行を!

原作筆者: Elizabeth L. Blair

訳:Yoko Sugiyama

全写真はフィラデルフィア観光局より


ニュースマガジンに関するご意見やご質問がありますか?当社のニュースマガジンフォーラムに投稿しましょう。

USATouristメールリストに登録いただいたお客様だけに、このEメールを配信しています。もし今後ニュースレターが不要の場合は、登録解除をこちらからお願いしますwww.usatourist.com/japanese/maillist/unsubscribe.html.

これまでのUSATouristニュースマガジンをご覧いただけますwww.usatourist.com/japanese/maillist/archive.

Save on your next car rental with a Hertz discount code

20% off Best Available Rate at Days Inn

Save 10% with a Motel 6 Coupon Code



20% off best available rate
ホーム | 当社について | サイトマップ | コピーライト | プライバシーポリシー | 広告情報

Copyright © 2007 USATourist.com, LLC ®
All Rights Reserved

Save 20% on Travelodge Reservations Destinations Tips Reservations US Culture US Adventures US Events