ワシントン国立公園
ワシントン州
旅行目的地
予約

国立公園

マウント・レーニエ国立公園

レーニエ山は、シアトル(ワシントン州)の85マイル(140キロ)南東に位置する大きな火山です。レーニエ山は標高14,410フィート(4,392メートル)、頂上は周辺の山脈より少なくとも8,000フィート(2,500メートル)高くそびえ立っています。晴れた日には、シアトルおよび周辺全地域からの南の視界にレーニエ山はそびえています。23個の活発性氷河を含む氷と雪で、35平方マイルにおよぶレーニエ山の頂上とその側面が一年中覆われています。

マウント・レーニエ国立公園は、森林、牧草地そして山脈を含む、面積235,625エーカー(95,354ヘクタール)から構成されています。国立公園の97%は自然環境保護地域に指定されています。レーニア山全域および多数の近隣の山頂と山麓は、この国立公園に指定されています。

Space Needle and Mount Rainier © Mike Leco / USATourist.com
市内の至る所から見られるビジュアル・アイコンのレーニア山は、シアトルから南西へ3時間のドライブです。

シアトルから車で3時間弱

シアトルからレーニエ山までは車で3時間弱です。最短コースは、ルート169経由でレントン(Renton)からイナムムクロー(Enumclaw)へ行きます。イナムムクローからは美しい山の景色が見える道を40マイル運転し、レーニエ山の東側斜面の高部にあるサンライズビジター・センターまで行きます。他の方法としては、タコマ(Tacoma)からルート7を南に向かい、ニスカリー(Nisqually)入口から6マイル(約10キロ)、ロングマイヤー(Longmire)ビジターズ・センターから約8マイル(約12キロ)、レーニエ山南部斜面の高部にあるパラダイスビジターズ・センターとジャクソンビジターズ・センターからおよそ25マイル(約40キロ)のところに位置する、アッシュフォード(Ashford)の村へとルート706を東に向かいます。また、ルート7をそのまま南に進み、そして国立公園のスティーブンスキャニオン入口から15マイル(約24キロ)、さらにパラダイスビジター・センターから35マイル(約56キロ)のところに位置する、パックウッド(Packwood)の村へとルート131を東に向かうこともできます。

マウント・レーニア国立公園へのシニック・ドライブはシアトルからの素晴らしい日帰りの旅行です。ここはキャンプ、バックパッキング、ハイキングまたはロッククライミングなど、数日かけての観光にも良い目的地です。観光のベストシーズンは、6月から10月です。大量の積雪のため冬季時期は、標高の高い道路とトレイルを閉鎖します。しかし、二スカリー入口からロングマイヤーとパラダイスまでの道路は、スノーシューイング、クロスカントリースキーと冬季キャンプのようなアクティビティのために、冬季も通常通行でるようになっています。これらの寒冷スポーツは、環境を保護するのに十分な積雪量になるとすぐに開始されます。

日帰り旅行

もし私にレーニエ山を観光する時間が一日しかなかったら、早朝に出発し、レーニエ山の東斜面の標高6,000フィート(2,000メートル)のところにあるサンラライズビジター・センター周辺へドライブして行くでしょう。早朝の太陽の光は、こちら側の山からの写真のような景色を最も美しく照らし出します。その後、スティーブンスキャニオン入口南へドライブし、樹齢1000年の古い巨大な原生林のあるGrove of the Patriarchsを見学します。そしてパラダイスへと西へ向かい、レーニエ山の南側の素晴らしい景色、二スカリー・グレーシャー、高地にある雪原、さらにタトゥーシュ(Tatoosh)山脈近辺へと高原植物地帯を通り抜けハイキングする前に、ロッジで昼食をします。夕方は、シアトル地域へ帰る前に二スカリー入口へ西に向かい、ロングマイヤーで買い物、またはアッシュフォードの村で夕食をします。

レーニエ山地域で数日過ごす時間があるなら、レーニエ山の北にあるイナムムクローの町に滞在しても良いでしょう。イナムムクローからサンライズビジター・センターまでは車で約45分、そしてパラダイスまでは1時間半ですが、ホテル、レストラン、食料品店、コンビニエンスストアなどの選択があります。アッシュフォードの町は、二スカリー入口から数マイル、そしてパラダイスから30分と理想的です。アッシュフォードには、ホテルまたはモーテルが10軒、ガソリンスタンドが2軒、小さな雑貨店とコンビニエンスストアが各一軒ずつ、そしてレストランが6軒あります。また、きれいなホリデー用貸キャビンと貸ロッジがあります。パックウッドの町は、スティーブンスキャニオン入口に近く、パラダイスからは最低45分かかります。しかし、パックウッドの町にはアッシュフォードと比べるともう少し多くのお店、宿泊施設とレストランがあります。パックウッドは、マウント・セント・ヘレンズ国立火山記念公園の近くです。

主なビジター・センター

この国立公園内には、レーニエ山南西部麓の二スカリー入口近くにあるロングマイヤー、南斜面標高5,400フィートのパラダイスにあるジャクソンビジター・センター、山の東斜面標高6,000フィートにあるサンライズの三つの主要ビジター・センターがあります。これら全てのビジター・センターには、駐車場、インフォメーション、トイレ、レストラン、ピクニック広場、そしてウオーキングトレイルを設備しています。ジャクソンビジター・センターとロングマイヤーだけに宿泊所があります。ロングマイヤーだけにコンビニエンスストアがあります。山道に沿った多数の場所にハイキングトレイル、散歩トレイルとビューポイントがあります。パラダイスとサンライズでは、各種のトレイルと山の上部斜面へ最も簡単に行ける道が設備されています。

この国立公園の至る所に6つのキャンプ場があります。それぞれのキャンプ場では、水とトイレの設備があります。しかし、他の快適な設備はなく、そしてささやかな使用料料金を課します。それらキャンプ場は、電話またはインターネットで予約できます。詳細は国立公園サービスのウエッブサイトからどうぞご覧ください。国立公園内の至る所に自然の中のキャンプ場があり、特に山を取り巻く94マイル・ワンダーランド・トレイル(94-mile Wonderland Trail)のような長いハイキングコースに沿ってあります。入山許可証はすべての宿泊を伴うバックパッキングと自然の中でのキャンプ者に必要です。

レーニエ山の登山

レーニエ山は、山へ容易に行けることと一年中氷と雪に囲まれたているため、アメリカ国内で最も人気のある登山の場所です。その環境は、経験ある登山家とアマチュア登山家のどちらをもひきつけます。毎年、9千人以上の人々がレーニエ山頂上に登ることを試みます。しかし、それら半数の人々だけが山の頂上にたどり着きます。毎年、一人または二人の登山家が亡くなり、そして数人が重傷を負います。経験を積んだ登山者でないのなら、経験ある専門ガイドなしに自分だけで頂上へ登ることを試みるべきではありません。

セント・へレンズ山 アメリカ地質調査所より
セント・へレンズ山は環太平洋火山帯の一部であり、160の活火山の集まりです。

マウント・セント・へレンズ国立火山記念公園

マウント・セント・ヘレンは、マウント・レーニエから南へ50マイル(約80キロ)行ったところに位置しています。マウント・レーニエからは約2時間のドライブです。この大きな火山山頂は、1980年に一時は9,766フィート(2,550メートル)まで激しく噴火しました。火山噴火は、火山灰が空へ60,000フィート(18,300メートル)も羽毛状に立ちのぼり、周囲数マイルにおよぶ地域の森林全てを倒し、大きな土砂崩れを引き起こし、さらに山上部全体が巨大な崩壊をしました。国立火山記念公園を訪れ、この地殻大洪水によって引き起こった荒廃の残骸を見学することができます。この噴火の中心部から扇状に何百万もの木々が倒れ広がっているのを、まだ周囲の山の斜面で見えます。多数の泥湖と燃え残りの堆積物が近隣の谷間に広がっています。その光景を見学する価値ありです。

原作筆者: Mike Leco
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Mike Leco / USATourist.com
写真詳細: レーニア山