ワシントン州
旅行目的地
予約

国立公園

ワシントン州東部

ワシントン州は数時間のドライブで降雨林から砂漠まで、ドイツ風の村からネイティブ・アメリカンの居住地まで、スキー場からウインドサーフィンの場所まで行くことができ、多数の面を持っています。ワシントン州東部の文化と地質学的特長の活気ある組み合わせは、訪れる人の関心を引くアクティビティが多数ある素晴らしい場所にします。

ワシントン州を訪れるほとんどの人たちは飛行機でシアトルに到着しますが、カスケード山脈を越え、東部まで足を伸ばすと、たくさんすることがあります。このカスケード山脈が壁を作り、ワシントン州の三分の二を占める東部地方をおおう乾燥した高原から、太平洋沿岸の湿った植物が青々と茂る地域を分離します。ヤマヨモギに騙されないで下さい。現代の灌漑設備により、この乾燥した高原はワシントン州をアメリカ国内第二位のワイン生産州にする、肥えた果実園、農地、ぶどう園にしました。

Columbia River © Mike Leco / USATourist.com
コロンビア川は、レクレーション旅行地であるとともに、中央部の谷にある農地の水源でもあります。

自然を身近に感じる

アクティブなアドベンチャーには、地元の人たちに人気がある物をいくつか試して下さい。コロンビア峡谷は、ワシントン州とオレゴン州の南部州境の一部を形成している、素晴らしい川峡谷です。全長8マイル、最高深さ4,000フィートあるこの渓谷は、カスケード山脈を通る唯一の平均海面通路です。ここはウインドサーフィン、カイトボーディングの人気なスポットであり、そして夏時期は静かな水面に明るい色の帆がたくさん浮かびます。

シアトルからは、スティーブンスパス(US-2)の素晴らしい風景を通り、ウォータースポーツ、ハイキング、リラックスする夏のパラダイスのシュラン湖へは、約3時間のドライブです。いつも空が青く、雲ひとつない空を穏やかな水が映し出す時、暖かい気候、太陽の光を求めて、カスケードの西側から訪れる地元の人たちでシュラン湖は賑わいます。シュラン湖は夏だけでなく冬もダウンヒルスキーとクロスカントリースキー、スノーシューズ、スノーモービルなどで人々を魅了します。

I-90をエレンズバーグから東へ4マイルに行った所にある、ゴージアンフィシアターは、世界的コンサートやフェステイバルを主催する、2万席ある野外コンサート会場です。ワシントン州の主要都市から遠く離れているにもかかわらず、その荘厳で素晴らしい風景と有能なミュージシャンの組み合わせを体験するために、この峡谷に数千人以上の人たちが訪れます。

Leavenworth, WA © Mike Leco / USATourist.com
レブンワースは美しいカスケード山脈に取り囲まれたバイエルン地方を模した街並みです。

歴史が豊富な州

ワシントン州は多くの民族が住むたいへん多様な州であり、ワシントン州の人々はそれら様々な文化を誇らしげに紹介しています。シュラン湖の西側、カスケード山脈北部の麓にあるレブンワースには、魅力的なドイツのバイエルン地方を模した街並みがあります。オクトーバーフェストのお祭り、そしてクリスマス時期のスペシャルイベントとデコレーションを是非お見逃しなく。

北東に59マイルドライブすると、歴史的な開拓者のルーツがあり、オールドウエスタンを復元した町、ウィンスロップのボードウオークをカウボーイブーツで歩くことができます。ウィンスロップは建築物、演出された発砲台、年開を通して開催される多数のフェスティバル、特に最も有名な夏のウィンスロップ・リズム&ブルースフェスティバルなど、オールドウエスタンの雰囲気を保っています。メソーバレーを取り囲む湖と川は魚釣りをする人たちのパラダイスです。

ワシントン州中央部のヤキマ・インディアン居留地はワシントン州最大のインディアン居留地であり、広さ120万エーカーに及びます。ヤキマ(部族名「Yakama」と都市名「Yakima」の綴りは異なります)の町から南へ車で20分の所にあるヤキマ・ネーション文化ヘリテージセンターの博物館、図書館、シアター、そしてアイコン的なウインターロッジを訪問できます。ネーション文化ヘリテージセンターは、ヤキマ・インディアン居留地内の最大都市タピニッシュにあり、またこの都市は自称「壁画の都市」と言います。数年間に及び、タピニッシュの歴史あるビジネス地域は、オールドウエストおよび地元の歴史を描いた70以上の壁画で飾られています。 

ワシントン州での朝食

家族経営の農場で生産している季節ごとの野菜とフルーツを販売する農作物スタンドを求めて、ワシントン州各地から人々がヤキマバレーを訪れます。カントリーロード沿いにある農地にはピーマン、ベリー類、スクワッシュ、カボチャ、リンゴの木が育ち、地元の人たちは重そうにゆっくり動くトラクターと道路を共有します。野菜やフルーツを農作物がたくさん入っている箱から買う、または農地にユー・ピックに出かけましょう!

Toppenish, WA © Mike Leco / USATourist.com
タピニッシュの小さな町は、町の至る所に70以上の歴史ある壁画が見つけられることで、最もよく知られています。

ワシントン州内にある10つの公式ワイン栽培地域のうち9つがワシントン州東部にあります。コロンビア渓谷地方は、ワシントン州中央部と南部を帯状にとても長く伸び、プロサー、リッチモンド、ワラワラ近くの肥沃な谷には、ぶどう園が一面に広がります。多くのブドウ園内でワインが製造されているので、高速道路から降り、たくさんあるティスティングルームの1つを訪れてみましょう。カウンターの後ろでサービスしてくれる人は、そのワインのブドウの苗木から瓶詰めまでの工程を知っています。

内陸部

ワシントン州北東部へドライブして行くと、ロッキー山脈の山麓の丘へと穏やかに登って行きます。コロンビアハイランドとして知られるこの地域には、35以上の国立公園と野生動物保護区が至る所にあり、アウトドアが大好きな人たちのパラダイスです。スポケーンは探索するための理想的な拠点であり、メトロポリタンが持つ全てのアメニティを提供し、ホワイトウォーターラフティング、乗馬、マウンテンバイク、スキーまで短時間のドライブで行けます。リバー・フロント・パークは、スポケーンのダウンタウン中心部の1974年万博会場内にあり、広さ100エーカー以上の敷地内でレクレーションを提供します。

原作筆者: Jessie Kwak
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Ronnie Allen / USATourist.com
写真詳細: 全長55マイルあるシュラン湖は、ワシントン州最大の自然湖であり、年間を通してホリデー場所として人気があります。