オースティン
テキサス
旅行目的地
予約

テキサス州オースティン

テキサス州オースティンは、テキサス州第4の都市であり、アメリカ国内第17の都市です。テキサスのヒルカントリー地方に位置するオースティンは、テキサス州ダラスの南に約176マイル(283 km)、テキサス州ヒューストンの北西に147マイル(237 km)、そしてルイジアナ州ニューオリンズの西に458マイル(737 km)です。オースティンの冬は温暖で、夏は蒸し暑いです。一般的に春と秋に良く雨が降ります。

オースティンはコロラド川に位置し、また、市内にある3つの人口湖を含みオースティンとその周辺地域には多数の湖があります。これら湖は、水泳、ボート漕ぎ、魚釣りなどのウォーターアクティビティに人気です。ボネル山(Mount Bonnell)はオースティンで最も高い場所の1つです。ボネル山はオースティン湖に隣接して位置し、標高780フィートあり、オースティンのスカイラインを眺めるまたは座ってサンセットを眺めるにはとても素晴らしい場所です。

オースティン ・ ベルグストロム国際空港(Austin-Bergstrom International Airport)は、ダウンタウンから約8マイルのオースティン南東部に位置しています。オースティン ・ ベルグストロム国際空港は、テキサスハイウエイ71とU.S.ハイウエイ183の交わる旧ベルグストロム空軍基地にあります。この空港には各種レストランとテキサスをテーマにしたギフトショップがありますが、空港の最も記憶すべき面は、地元演奏家による音楽演奏が行われるライブミュージックステージです。

世界的ライブミュージックの中心地

Two Austin Musicians © Austin Convention and Visitors Bureau
6番街はオースティンのミュージックシーンの中心地であり、そこでは毎夜ほとんどすべてのジャンルの音楽を聴くことができます。

オースティンは世界的ライブミュージックの中心地と呼ばれています。6番街はオースティンのミュージックシーンの中心地であり、そこでは毎夜ほとんどすべてのジャンルの音楽を聴くことができます。6番街は議会とIH-35間の7つの歴史的区画から成り、アートギャラリー、クラブ、バー、レストラン、タトゥー店、さらにお店などが多数あります。また、6番街は毎年恒例イベントも主催します。毎年メモリアルデー(戦没者追悼記念日)に続く週末には、オースティンはテキサス共和国バイカーラリーのためにバイカー(ライダー)で賑わいます。毎年3月にはオースティンで世界的に有名な音楽コンベンションのサウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)音楽祭、映画祭のサウス・バイ・サウス・ウエスト・フィルムおよびインタラクティブ・メディア祭のインタラクティブ・イベント・コンベンションが開催されます。

オースティンにはテキサス大学があります

オースティンには、「UT」または単に「テキサス(Texas)」とよく呼ばれるテキサス大学があります。テキサス大学はテキサス州で最も大規模な大学であるとともに、アメリカ国内でも最大規模の大学です。大学のバーントオレンジ色とロングホーン牛のマスコットは、テキサス州全体にわたって人気です。

テキサス大学タワーは大学の最も目立ち大切にされている建物です。テキサス大学タワーは高さ307フィート(93.57m)あり、近くにある州議事堂の建物の高さと比べると低いのですが、高台に建てられているためテキサス大学タワーは高く見えます。このタワーは1973年に建てられ、常に訪問者に人気があります。

テキサスタワーはいつまでも心に残る歴史を持っています。1966年、狙撃兵射撃のために大学職員はタワーを閉鎖することを強いられました。チャールズ・ジョセフ・ホイットマン(Charles Joseph Whitman)は警察官により射殺される前に、15人を射殺し、31人にけがを負わせました。2年後にテキサスタワーは再オープンされましたが、一連の飛び降り自殺のために70年代中盤に再度閉鎖されました。最終的に1999年にこのタワーはセーフガード付きで再オープンされました。今日、訪問者はタワーに入場する前に金属探知機を通過することを要求されます。落下または飛び降りを防ぐために障壁が展望台に設置され、さらにセキュリティの人たちが営業時間中見回っています。このタワーは2001年の9月11日テロ事件後に短期間再度閉鎖されましたが、それ以後は一般に再オープンしています。

オースティンには多数の他の観光スポットがあります

オースティンはテキサス州都であり、上品な州知事邸があります。この美しいグリーク・リバイバル様式の州知事邸は、11ストリートとコロラドの道の交わる州議事堂近くに位置しています。この州知事邸は国の歴史的建物であり、ミシシッピ川西側で最も古い州知事邸です。1856年以来、テキサス州知事家族が州知事邸で暮らしました。州知事邸とその美しい庭園のツアーに参加できます。

Capital Building © Austin Convention and Visitors Bureau
オースティンはテキサス州都であり。

ボブ・ブロックテキサス州歴史博物館(Bob Bullock Texas State History Museum)はオースティンのタウンダウンに位置し、「テキサスの歴史」を学ぶにはとても良い場所です。この博物館は、3階に渡る体験型展示を通して訪問者の人たちの時間をさかのぼります。この博物館には、「スター・オブ・デステニー(Star of Destiny)」と呼ばれる特殊効果ショーがあり、オースティン唯一の巨大フォーマットフィルムのアイマックス・シアターではテキサスについての「ザ・ビッグ・ピクチャー」を上映しています。

レディ・バード・ジョンソン・ワイルドフラワーセンター(Lady Bird Johnson Wildflower Center)は、この地域の先住植物と動物を集めた植物園です。元大統領リンドン・ジョンソン夫人の名前にちなんで名付けられ、1982年に女優のヘレン・ヘイズとともにレディ・バード・ジョンソンがこのセンターを設立しました。訪問者はテキサス州ヒルカントリーの先住の木、かん木、サボテンについて学習でき、素晴らしい蝶園を含む庭園を歩き回ることができます。

ジルカーメトロポリタンパーク(Zilker Metropolitan Park)は、バートンスプリング・ロードに面する351エーカーの敷地にあり、地元の人たちや観光客の人たちに多数のことを提供します。バートンスプリングプール(自然泉が溜まったプール)、Umlauf彫刻庭園、ジルカー植物園、ジルカー西風(小型列車乗車)、タウン湖のカヌーこぎ、オースティン自然科学センター、定期音楽演奏やアートフェスティバルなどはジルカーパークでできることのほんの一部です。

コウモリの飛行を見学

オースティンのもっとも壮観な観光スポットは、コングレス・アベニューの橋の下に住む世界最大の都会のコウモリの巣です。夏期間は毎晩、150万のメキシコ・オヒキコウモリが食べ物探しに飛び立つ姿を見学するために人々が集まります。飛び回っている間、コングレス・アベニューの橋のコウモリは、10,000から20,000ポンドの昆虫を食べ尽くします。ほとんどが雌のこれらのコウモリは、毎年春に中央メキシコからオースティンに移動します。初夏にこれら雌コウモリはそれぞれ1匹の子供(pupと呼ばれます)を生み、コウモリ数が2倍近くになります。

オースティンの地元芸術家のデール・ウィスラー(Dale Whistler)は、オースティンで最も認識される目印である特大サイズの回転するコウモリの彫刻をデザインしました。この彫刻は、コングレス・アベニューとバートンスプリング・ロードのオースティン地元新聞社向かい側に立っています。

原作筆者: Elizabeth L. Blair
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Austin Convention and Visitors Bureau
写真詳細: オースティンは世界的ライブミュージックの中心地と呼ばれています。