サウス・ダコタ
旅行目的地
予約

サウス・ダコタ

“ラッシュモア山の州”

サウスダコタは西の中間にある州です。

サウスダコタは西中間にある州の北部に位置しています。ミネソタ、アイオワ、ネブラスカ、ワイオミング、モンタナ、およびノースダコタによって囲まれており、カナダの境界からおよそ250マイル南にあります。この州は南から北へ流れるミズーリ川Missouri Riverによって二つに分かれています。

ミズーリの東は無限の草原と少し起伏がある大草原があり非常に平坦です。無限の巨大なバッファローの群れがこの素晴らしい平野を歩き回っているのが想像できることでしょう。これは以前ダコタ族Dakota(またレコタ族Lakota、スー族Siouxとして知られています。)の猟場でした。映画“ダンス・ウィズ・ウルブス”はサウス・ダコタで撮影されました。

Badlands National Park © Michelle Leco / USATourist.com
バッドランズ国立公園には多くの壮観な岩石の構成物があり、バッファロー、コヨーテ、プレーリードッグ、およびカモシカなどの野生生物がいっぱいいます。

ブラック・ヒルズとバッドランズは西部にあります。

川の西側は山が多く、孤立した丘が点々とあります。州の西縁にはブラックヒルズThe Black Hillsが平野から劇的に上昇していて山脈になっています。南東にはバッドランズBadlandsとして知られている侵食している風景があります。

気候は夏は心地よく暖かくて、冬は厳冬です。夏の時期は気温は摂氏25度から30度が平均で、冬は零度以下です。大雪と氷のように冷たい風で、開け放たれる冬の大草原はかなり不快になることがあります。サウスダコタを訪問する最も良い時期は天気が最も良い夏の数カ月の間です。

“ワイルド・ウェスト”は州の歴史の大部分です。

サウスダコタは大きくて人がまばらに住んでおり、めったに旅行者が来ません。一攫千金を狙う人たちが金を捜し求めてこの美しい陸に群がってきた19世紀の開拓の日々に“ワイルド・ウェスト”と呼ばれるようになりました。ブラックヒルズの地域に多くの鉱山の町ができました。これらの中で最も有名なのはデッドウッドDeadwoodです。ワイルド・ビル・ヒコックWild Bill Hickock、カラミティ・ジェーンCalamity Jane、ワイアット・アープWyatt Earp、及びドック・ホリデーDoc Holidayはデッドウッドのワイルド・ウェスタンの町の悪名高い評判を作った人たちです。今では多くのデッドウッドDeadwoodのサロンと店がワイルド・ウェストの時代を修復しています。現在では買い物、ギャンブル、および観光ができる人気のある観光目的地になりました。

Wounded Knee © Michelle Leco / USATourist.com
今では「ウンディッド・ニー大虐殺」の小さい記念碑がそこにあり、生存者の子孫は近くでまだ生活しています。

サウスダコタは多くのネイティブ・アメリカンの家です。

スー族The Siouxとノーザン・シャイエン族Northern Cheyenneはこの厳しい陸に長い間繁栄していました。彼らは平野でバッファローの群れを追い、ブラックヒルズでたくさん狩りをしました。ジェネラル・ジョージ・アームストロング・カスターGeneral George Armstrong Custerの遠征が1864年にブラックヒルズで金鉱を発見したとき、米国政府は地元のインディアンとの条約を破りました。金持ちになろうとする人と移住者たちはブラックヒルズに押し寄せ、インディアンたちはインディアン保留地に強制的に移されました。いくつかの者は現在有名なチーフのシティング・ブルSitting Bull、クレージーホースCrazy Horse、およびレッド・クラウドRed Cloudの指導の下で戦いました。

1876年にジェネラル・カスターはモンタナのリトル・ビッグ・ホーン川Little Big Horn Riverでラコタ族とノーザン・シャイエン族の大きな陣を攻撃しました。彼の全ての軍隊は全滅され、「カスターの最後の抵抗」"Custer's Last Stand"として知られています。1890年に「ゴーストダンス」"Ghost Dance"としてしられる霊的な活動がインディアン保留地で起こり、暴動につながりました。それに対して米国軍隊は迅速に厳しく応じました。サウスダコタの「ウンディッド・ニー(負傷したひざ)」"Wounded Knee"での小さい争いで軍隊は250人のラコタ族の男性、女性、および子供を大虐殺しました。今では「ウンディッド・ニー大虐殺」の小さい記念碑がそこにあり、生存者の子孫は近くでまだ生活しています。

ブラックヒルズはスー族の聖地です。

1980年に、合衆国最高裁判所は米国政府がスー族からブラックヒルズを不法に押収したことを裁決し、部族に損害賠償と経過利子の1億2200万ドルを与えました。アメリカで最も貧しい共同体で生活しているスー族はお金を断り、かわりに彼らの聖地を返して欲しいと宣言しました。観光客はスー族の聖地であるサウス・ヒルズを訪問できます。インディアン保留地をドライブで通り抜け、貧しいながらも誇りを持って生活している人々の状況を見ることができます。

Longhorn Saloon © Michelle Leco / USATourist.com
今では多くのデッドウッドDeadwoodのサロンと店がワイルド・ウェストの時代を修復しています。

サウスダコタの西半分には多くの有名なアトラクションがあります。

多くのサウスダコのアトラクションは州の西境に集まっています。バッドランズ国立公園には多くの壮観な岩石の構成物があり、バッファロー、コヨーテ、プレーリードッグ、およびカモシカなどの野生生物がいっぱいいます。ブラックヒルズBlack Hillsの近くのウィンド・ケーヴ国立公園Wind Cave National Parkとジュエルケーヴ国定記念碑Jewel Cave National Monumentには多くの素晴らしい岩石の構成物があり、そのツアーができます。カスター・ステート・パークCuster State Parkには米国で最も大きいバッファロー群れと1500匹以上の動物がいて車から眺められます。

今まで作成された中で最も大きい彫刻の二つがここにあります。

1939年に完成したマウント・ラッシュモアMount Rushmoreの記念碑は今まで作成された彫刻の中で最も大きいものです。4人の米国大統領、ワシントン、ジェファーソン、ルーズベルト、およびリンカーンの顔が詳細に高さ20メーターの岩山のに刻まれます。

チーフ・クレージー・ホースChief Crazy Horseの近くの記念碑は作成中です。それはラコタ族のチーフがインディアンの記念碑を作成するようにと頼んだ後に1949年に彫刻家のコルザック・ジオルコウスキーKorczak Ziolkowskiによって作成が始められました。完成されると、ポニーにまたがったチーフ・クレージー・ホースの彫刻は高さ150メーターそして200メーターの長さになるでしょう。ジオルコウスキーは1982年に亡くなりましたが、彼の家族が作成を続けています。大きな訪問者センターには2万個以上のインディアン芸術と工芸品があります。

有名なスタージス・オートバイ集会が各8月に行われます。

サウス・ダコタのアウトドア・アクティビティには狩り、魚釣、ボート遊び、ハイキング、バックパッキング、マウンテンバイキング、および乗馬などがあと豊富です。ギャンブルは合法で、ワイルドウッドWildwoodとそれぞれのインディアン保留地にカジノがあります。ブラックヒルズの近くのスタージスの小さな町はいつも8月に有名なスタージス・オートバイ集会を主催し、毎年10万人以上のオートバイ・ライダーが参加します。

原作筆者: Mike Leco
訳: Shiori Kitazono
上部写真撮影: © US National Park Service
写真詳細: 1939年に完成したマウント・ラッシュモアMount Rushmoreの記念碑は今まで作成された彫刻の中で最も大きいものです。