ピッツバーグ
旅行目的地
予約

ペンシルベニア州ピッツバーグ

ピッツバーグはフィラデルフィアのおよそ300マイル(500 km)真北、ペンシルバニア州の南西部端に位置しています。ピッツバーグはモノンガヒラ川(Monongahela River)とアレゲニー川(Allegheny River)が合流し、オハイオ川(Ohio River)として流れてゆく、アパラチア山脈の西部山麓の丘陵地帯に位置しています。 2つの川の合流間に形成された土地の先端は、地元で「ポイント」として知られており、ピッツバーグの隣接都市は3つの川に囲まれ「ゴールデントライアングル」と呼ばれる三角地帯に位置しています。

The Point © PC&VB
2つの川の合流間に形成された土地の先端は、地元で「ポイント」として知られており、ピッツバーグの隣接都市は3つの川に囲まれ「ゴールデントライアングル」と呼ばれる三角地帯に位置しています。

鉄鋼の町

ピッツバーグはかつてアメリカ国内主要の鉄および鉄鋼工業が発展し、しばしば「鉄鋼の町」と呼ばれています。20世紀前半、3つの川の流域には多数の鉄鋼製造工場と鋳造場が建ち並んでいました。大気は絶えず煙で満たされ、川は産業廃棄物が流されていました。採掘坑道および山脈の粘板岩廃棄場が周辺の農地に点在していました。列車と川船は川の流域を上下と絶え間なく往復し大量の石炭、鉱物、みがき鋼を運びました。

今日、ピッツバーグがかつてそのような鉄鋼工業地だったと信じるのは難しいでしょう。鉄鋼製造工場は無くなりました。空気は澄み、川の水はきれいです。ピッツバーグは多数のアトラクションを備えた美しい近代都市に発展しました。さらに、今ではピッツバーグは、高等教育と医学研究で有名な研究機関を備えた技術産業の中心地です。ピッツバーグには多数の文化的アトラクション、エンターテイメント会場、スポーツイベントがあります。ピッツバーグは生活をするまたは仕事をするにはとても住みやすい場所になりました。

ピッツバーグ国際空港はダウンタウンの西約12マイルに位置する近代的設備の空港です。ピッツバーグ国際空港は現在あまり利用されておらず、混雑と遅れはめったに起こりません。タクシー、リムジンまたはシャトルバスにより20分以内でピッツバーグのダウンタウンまで行くことができます。

宿泊施設

空港敷地内に1つのホテルが位置しており、さらに数軒の他のホテルが車で数分以内の所にあります。空港の10マイル東で市内から2マイルの郊外にあるグリーンツリーには、良いホテルの選択があります。また、当然、ピッツバーグのダウンタウン内や周辺にもホテルがあります。ピッツバーグの文化と教育地区のオークランドにも数軒のホテルがあります。東部郊外にあるモンローヴィルのペンシルバニア・ターンパイク(Pennsylvania Turnpike)の出口近く、さらにダウンタウン北部のワレンデールにもホテルが密集しています。

空港からピッツバーグに入る場合、ワシントン山の下の長いトンネルを通過します。トンネルを出るとすぐに、モノンガヒラ川に架かる橋の上にいることでしょう。高層ビルのきらめく林立とともに2つの川の合流地点とゴールデントライアングルが、目前にすばらしいパノラマ風景を作ります。この突然の景観には息をのむほどです。

Cathedral of Learning © Pittsburgh Convention & Visitors Bureau
ピッツバーグ大学の42階建てのネオ・ゴシック建築「勉強の聖堂(Cathedral of Learning)」は、オークランドのスカイラインにそびえ立っています。

ゴールデントライアングル

2つの川が1つに合流する地点は、大きな噴水が水柱を噴出しています。ここは古いフランスのデュケーヌ砦のあった場所で、後にイギリス軍のピット要塞になりました。川を渡りアレゲニー川の北部堤には、新しいフットボールスタジオ、新しい野球場、サイエンスセンターがあります。3つの川により形成されたゴールデントライアングル内には、ポストモダンなガラス・科学の総合企業PPG広場、さび色の巨大なUSスチール本社を含む高層ビルが林立しています。市内のこのビジネス・企業センターには、シンフォニーホール、オペラハウス、多数の劇場などを含む様々な文化的アトラクションもあります。残念なことに、ほとんどの買物、生活、エンターテイメントは郊外地域に位置していますが、ダウンタウンにも十分なアトラクションが存在し、訪れる価値があるものにしています。

ピッツバーグは数時間で「ゴールデントライアングル」地域全体を散策できるくらい小ぢんまりしている街です。モノンガヒラ川から「サウスサイド」のステーションスクエアに架かるスミスフィールド・ストリート橋を必ず渡ってください。そこから「モノンガヒラインクライン」として知られているケーブルカーに乗車でき、街のすばらしい眺めが見渡せるワシントン山頂上に行くことができます。もし車があるなら、ポイントのより壮観なパノラマ風景を見学するために車でオハイオ川のサウスサイドの堤を数マイル下り、丘を登りウエストエンドオバールックに行くことができます。タクシーで街周辺を行き来できますが、道でタクシーを呼び止めることができないのでタクシーを電話で予約しなければなりません。

サウスサイド、ノースサイド、ストリップ地区

モノンガヒラ川の南部の堤を上流に約1マイル行った場所は、「サウスサイド」として知られる最新流行の再開発された製鋼作業員の地域です。この地域にはブティック、コーヒーショップ、レストラン、ビストロ、エンターテイメント会場など多数の選択があります。また、この地域は若い都会に住む専門職の人たちのベッドタウンであり、レクレーションアクティビティーやエンターテイメントを探している人たちのたまり場でもあります。

他の人気なエンターテイメント地域は、地元では「ストリップ地区」として知られている旧製造地区です。この地区は新コンベンションセンターからアレゲニー川を数ブロック上がった、ゴールデントライアングルに隣接して位置しています。この地区にはとても興味深いピッツバーグ歴史博物館、さらにユニークないろいろな物を取り扱ったお店、レストラン、食料品店、ブティック、ナイトクラブがあります。

アレゲニー川北部のすべての地域は「ノースサイド」として知られています。有名なNFLピッツバーグ・スティーラーズの本拠地の新フットボールスタジオ、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地の新野球場が川岸にはっきりと見えます。また、ノースサイドにはアンディ・ウォーホル・ミュージアム、ピッツバーグ科学センター、チルドレンズミュージアム、ピッツバーグ鳥類飼育所も位置しています。

Baseball Stadium © Mike Leco / USATourist.com
有名なNFLピッツバーグ・スティーラーズの本拠地の新フットボールスタジオ、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地の新野球場が川岸にはっきりと見えます。

オークランド地区

オークランドとして知られる古い大学地域は、2つの川の間にある丘の上のポイントから約2マイル入った所にあります。オーランド地域はピッツバーグの文化と教育、そして医療の中心地です。ピッツバーグ大学の42階建てのネオ・ゴシック建築「勉強の聖堂(Cathedral of Learning)」は、オークランドのスカイラインにそびえ立っています。勉強の聖堂の隣には優雅でチャーミングなゴシック様式のハインツチャペルがあります。勉強の聖堂に思い切って入って行くと、1階の威厳あるゴシック様式の談話室を散策することができます。談話室はユニークな各国の文化を表現した教室に囲まれています。これら各部屋には、異なる国の伝統的スタイルで装飾され家具が置かれています。

勉強の聖堂の反対側にはカーネギー美術自然史博物館、カーネギー図書館、カーネギーミュージックホールが建っています。数ブロック行ったシェーンリーパーク内にはフィップス植物園があります。また、カーネギーメロン大学、カーロー大学、チャタム大学もオークランドに位置しています。そのうえオークランドは病院、クリニック、医療研究施設が揃った有名大学医療センターの拠点でもあります。オークランド地域は多数の安価なレストラン、バー、エンターテイメント会場、学生が集まる場所のあるカレッジタウンの雰囲気を出しています。

食事と買物には

ピッツバーグ地域の至る所に食事をする場所が多数あります。サウスサイド、ストリップ地区、ウォーターフロントには、数件のバーやエンターテイメントスポットとともに良いレストランの素晴らしい選択があります。ワシントン山の山頂には市内を見下ろす壮観な眺めとともに様々なレストランがあります。真のピッツバーグスペシャルは、たくさんのフレンチフライとコールスロー付き新鮮な厚切りイタリアンブレッドのステーキチーズバーガーを食べるためにプリマンチブラザーズのレストランに立ち寄ることです。このサンドイッチに挟まれた食事は、両手で支えるのが大変ですがとても美味しいです。

一番の買物場所は郊外地域にあります。ダウンタウン、サウスサイド、ストリップ地区、オークランドに数軒のブティックやお店がありますが、大規模ショッピングセンターは市内中心の外側にあります。ロスパークモールはピッツバーグ空港近くに位置しています。新しいウォーターフロントのショッピング地区は、ダウンタウンから約5マイルのホームステッドのモノンガヒラ川沿いに位置しています。さらに、サウスヒルヴィレッジ、市内南側のセンチュリーツリー、ノースヒルズのマックナイト・ロード、市内北側のウェックスホードにもショッピングモールがあります。大規模ファクトリーアウトレット・ディスカウントモールは、ピッツバーグの北側から車で約1時間行ったグローブシティのルート79沿いに位置しています。

訪れるには良い場所です

ピッツバーグには多数のレクリエーション用の公園があり、ジョギンクや自転車用トレイルが多数あります。ピッツバーグの3つの川は、ボート漕ぎ、ウォータースキー、魚釣り、カイヤックなどの機会を豊富に提供します。また、これらの川ではリバーボートツアーや小旅行ツアーがあります。文化的アクティビティーには、シンフォニー、オペラ、ダンス、劇場が含まれます。季節により、NFLフットボール、メジャーリーグベースボール、ナショナルリーグホッケーまたは大学バスケットボールなど、スポーツファンはすべてのスポーツを楽しむことができます。ピッツバーグを囲む西部ペンシルバニアのゆるやかな農地は、多数のシニックドライブを提供します。市内から東へ50マイルのアパラチアの端にあるローレル山脈では、ハイキング、自転車乗り、ホワイトウォーターラフティング、冬スキーが楽しめます。

ピッツバーグは主要観光スポットではありません。ほとんどの人たちはビジネスまたは国内横断旅行の途中、便利な場所としてピッツバーグを訪れます。これらの人たちはピッツバーグは清潔で近代的な環境、さらに多数のレクリエーション機会がある、良いフレンドリーな場所であることを発見します。

原作筆者: Mike Leco
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Pittsburgh Visitor and Convention Bureau
写真詳細: ピッツバーグの繁華街