フィラデルフィア
旅行目的地
航空券, ホテル & レンタカー

フィラデルフィア

Liberty Bell© USATourist.com
最も人気の観光スポットでフィラデルフィアを最も象徴するシンボルは、自由の鐘です。

兄弟愛の街

フィラデルフィアは、東海岸で第二の大都市であり、アメリカ第五の大都市です。フィラデルフィアの平均な冬の気温は33度(1C)、夏の気温は75度(23C)で、都市圏内人口は580万人です。フィラデルフィアへの運転時間は、ボストンから6時間、ニューヨークから南へ2時間、ワシントンD.Cから北西へ3時間、バルティモアから2時間、そしてアトランティックシティの海岸リゾートから1時間です。

英国のクェーカー教徒だったウィリアム・ペン(William Penn)は、1682年に英国王から領土として賜ったのが、このペンシルバニアです。ダウンタウンからほんの8マイル(約13キロ)のとこにあるフィラデルフィア国際空港からは、Amtrakで30thストリート駅のある市中心へ行けます。SEPTAは、市内のどこでも行きたい場所へ行ける公共交通サービスです。

東海岸に沿った最も重要な位置であるために、フィラデルフィアは急速に新世界の文化的中心地になりました。豊かな歴史の「アメリカ最古の都市」は、アメリカ民主主義の発祥地、さらにアメリカ独立戦争の本拠地と見なされています。ワシントンD.C.の以前、1791年から1800年までフィラデルフィアは国の首都を成していました。今日、フィラデルフィアは主要都市ビジネス、文化と観光スポットです。

歴史的なフィラデルフィア

フィラデルフィアは、豊富なアメリカの歴史、そして自由と解放の記念碑で最もよく知られています。インディペンデンス国立歴史モール(Independence National Historical Mall)は、アメリカ内で最も歴史的なマイルです。そこには2つの国内最も重要な自由の象徴である、自由の鐘(Liberty Bell)と独立記念館(Independence Hall)があります。

最も人気の観光スポットでフィラデルフィアを最も象徴するシンボルは、自由の鐘です。新しいリバティ・ベル・センターは、奴隷制度、女性の投票権、市民権運動を含む自由についていくつかの展示を行っています。独立記念館は、自由と開放の議論が始まった場所で、私達の国家誕生の場所としても知られています。ここは、トマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson)のアメリカ独立宣言が1776年7月4日に署名された場所であり、1787年にアメリカ合衆国憲法が作成されました。ツアーは毎日行われ、8つの異なる言語で印刷されたガイドがあります。

ベッツィー・ロス(Betsy Ross)の家は1740年に建てられ、アメリカの星条旗を 最初に作った女性の名前にちなんでおり、フィラデルフィアで2番目に人気な観光スポットです。彼女の家は、週7日営業しており、アメリカ独立期の重大な光景を見学できます。国立憲法センター(National Constitution Center)は独立記念館にあり、アメリカの最も貴重な文書の1つであるアメリカ憲法について100以上のインタラクティブマルチメディアの展示品と加工品があります。

モールで、自由の灯(Lights of Liberty)を見かけるでしょう。その印象的な音と光のショーは、アメリカ独立のイベントへ導き、そのショーが広がるとともにあたかもその出来事を目撃しているように感じさせます。アメリカ造幣局もそのモールに位置しており、年間1100~2000万枚のコインを製造し、国の1000億ドルの価値に値する金と銀の財産を所有しています。アメリカ造幣局では、予約によるツアーを行っています。そのツアーは2週間前あるいはもっと前からの予約が必要です。

シティの宿泊施設

アトラクション

アメリカで最初の動物園のフィラデルフィア動物園は、その教育的プログラム、ワークショップ、特別イベントとレクレーション活動ばかりではなく、その絶滅危機野生動物の保護への努力で知られています。この動物園は1600以上の珍しい外国の動物と42エーカーに及ぶ美しい庭園を見に、毎年100万人を越える訪問者が訪れる、この地域で一番の家族向け観光スポットです。

Philadelphia  Courthouse© USATourist.com
フィラデルフィアの裁判所

セサミプレースは、一日を家族で過ごすのに良い場所です。世界的に有名で受賞した子供のテレビ番組にちなんで作らています。このテーマパークは、フィラデルフィアから30分郊外へ行ったペンシルバニア州ラングホーン(Langhorne)に位置し、すべての年齢向けの異なる流水滑り台のような50以上のアクティビティがあります。子供達はバートとエルニーの家を訪れ、ダンスショーを見学し、パレードに参加し、いろいろなゲームで遊ぶことができます。料金は一人$40ですが、2歳以下の子供は無料で入場できます。

毎年100万人以上の人々がフィラデルフィアのブロードストリート(Broad Street)沿いにあるアベニュー・オブ・ザ・アート(Avenue of the Arts)地区を訪れます。この地区は北と南に分かれ、37以上の文化的な団体の建物、エンターティメント会場、さらに屋外壁画があります。

1805年に設立されたペンシルバニア美術アカデミー(Pennsylvania Academy of the Fine Arts)は、アメリカで最も古い美術学校と美術館です。新フリーダム・シアター(Freedom Theatre)は、国内最大のアフリカ系アメリカ人のシアターです。フィラデルフィア人形博物館(Philadelphia Doll Museum)は、その種の国内唯一のアフリカ系アメリカ人博物館です。パール・ベイリー(Pearl Bailey)、ライオネル・ハンプトン(Lionel Hampton)、ダイナ・ワシントン(Dinah Washington)、そしてカウント・ベイシー(Count Basie)のような有名なアメリカ人が上演したアップタウン・シアター(Uptown Theater)を訪れましょう。メトロポリタン歌劇場は世界的に有名です。1908年に建設され、その劇場はフィラデルフィアで最大の舞台を保有しています。

音楽院は1857年に建設され、アメリカ国内で最も古いオペラハウスです。市役所は、250個以上の大理石の彫刻とモチーフが施されたアメリカ最大の市建物です。Philadelphia International Records(PIR)は、アメリカの最もよく知られるR&B、ソールとヒップホップアーティスト幾人かの地元です。Philadelphia Music Allianceは、100以上の銅製プレートに多数のジャンルにわたるミュージシャンと音楽産業の名前が刻まれており、このアヴェニュー沿いにウォーク・オブ・フェイムとしてあります。

ショッピング

ショッピングはすべてのバケーションの一部を占め、フィラデルフィアにはたくさんのショッピング場所があります。一番のニュースは、ペンシルバニア州では衣料と靴には消費税がかかりません。リットンハウス(Rittenhous)通りは、二コール・ミラー、ラルフ・ローレンとティファニーのような有名な名前のブランドが入っている高級ショッピングセンターです。ジュエラーズ(Jewelers)通は、300を超えるお店のあるアメリカで最も古いダイヤモンドの地区です。アンティック通(Antique Row)は、アンティックと財宝好きな人のパラダイスです。

ショッピングモールが好きな人には、フィラデルフィアには数軒あります。ギャラリーは、120軒以上のお店が入ったアメリカ最大の都市モールです。リバティー プレイス(Liberty Place)には60軒以上のお店とレストランが入っており、フィラデルフィアのダウンタウン中心部にあります。郊外には8デパートと365以上のお店が入った国内最大の複合店のキング・オブ・プラシャモール(King of Prussia Mall)があります。郊外にはバーゲンと割引品好きな人用に、150以上のアウトレット店が入ったフランクリン・ミルズ(Franklin Mills)もあります。フィラデルフィアの北西へちょうど65マイル(約105キロ)のところのペンシルバニア州リーデイング(Reading)の町は、90軒以上のファクトリーアウトレット店があることからアウトレットの町として知られています。

美術館

>ペンシルバニア美術アカデミーは1876年に設立され、チャールズ・ウイルソン(Charles Wilson)、トマス・エイキンズ(Thomas Easkins)そしてウィンスロー・ホーマー(Winslow Homer)のような有名な画家のアメリカ芸術の巨大なコレクションを保有しています。アカデミー自身は、金箔、銀星勲章、複雑な彫刻と銅製装飾品で飾られた大きな段ホールのすばらしい芸術作品です。

フィラデルフィア美術館は国内で3番目に大きな美術館で、世界中から最も尊敬される画家達の一番評判の高いルネッサンス、アメリカン、印象派と近代美術を保有しています。中世期から古代ギリシャまでの80時期以上に分かれる部屋があります。

1873年に完成したフリーメーソン寺院は、すばらしい大聖堂のようです。その寺院は、市役所から道を渡ったところにあり、その内部と外部には驚きます。そのりっぱな外観は、ムーア風、ゴシック様式、そしてアルハンブラ装飾の室内と一致しています。その大階段には、フリーメーソの絵画、そしてアメリカ彫刻の父のウィリアム・ラッシュ(William Rush)の彫刻が飾られています。この美術館は寺院の内部に位置し、ジョージ・ワシントン(George Washington)のフリーメーソのエプロンのような加工品を保有しています。

食事とエンターティメント

フィラデルフィアは、アメリカで最良のレストランのある都市のうちと1つとされ、フィラデルフィアでの食事はすばらしい体験になることでしょう。古い鋳造場、工場と倉庫が建ち並ぶ古い都市地区は、今では100件以上のレストランが市内一番の数人のシェフによって料理される、クラッシックなアメリカの食事から美味しい外国の食事までのすべてを提供する、食事と文化の目的地です。チャイナタウン、街中心地域とチェスナッツヒルでユニークな食事とエンターティメントの体験も楽しむことができます。

フィラデルフィアには、NFLイーグルズ、NBAバスケットボールの76ers、野球のフィリーズ、ホッケーのフライヤーズさらにもっと多くのスポーツがたくさんあります。一番人気のあるナイトラフ・エンターテイメントの地区は、サウス・ストリート(South Street)、デラウエアリバー・ウォーターフロント(Delaware River Waterfront)またはユニバーシティ・シティ(University City)です。フィラデルフィアの様々なテーマバーと同様に、多数のコメディ、ジャズ、ロック、R&Bそしてダンスクラブを見つけることができます。

近くのアトラクション

フィラデルフィアは、北は ボストンから南は フロリダ州マイアミへアメリカ東海岸を沿って延びる主要交通幹線道路である州高速道路95に沿って位置しています。フィラデルフィアからニューヨーク・シティボルチモアそしてワシントンDCはわずか数時間のドライブです。東海岸の小さなラスベガスとしばし言われるアトランティック シティ のビーチリゾートは、フィラデルフィアから南東へほんの一時間のドライブです。アトランティック シティでは、ラスベガスより小規模な賭博カジノと華麗なショーを見つけることができます。

ペンシルバニア州ランカスター(Lancaster)はフィラデルフィアから西へ2時間未満のドライブです。ここは ペンシルバニア・ダッチカントリー(Pennsylvania Dutch Country) と呼ばれ、かなり古いかたちのドイツ語を話し、近代文明を拒絶しているアーミッシュの人たち(ドイツ系住民の一派)が住んでいる地域として知られています。ランカスターの西へ1時間未満のところには、アメリカ南北戦争中の最も大きな戦地の1つ位置であるペンシルバニア州ゲティスバーグ(Gettysburg)があります。  

原作筆者: Angela Winters
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © USATourist.com
写真詳細: 独立記念館は、自由と開放の議論が始まった場所で、私達の国家誕生の場所としても知られています。