サンタフェ
ニューメキシコ
旅行目的地
予約

San Miguel Chapel
© Mike Leco / USATourist

1610年から1626年までに建設されたサン・ミゲル・ミッションは、アメリカ国内最古の教会です。

サンタフェ,ニューメキシコ

都市の違い

サンタフェ,ニューメキシコはアルバカーキの60マイル北にあり、米国のバケーション目的地として人気です。また合衆国で2番目に古い都市でもあります。アメリカのサウスウェストのセッティングの中で歴史、建築、文化、料理、戸外活動、また買い物などいろいろあります。

米国で最も古い首都の市

サンタフェはニューメキシコの3番目に大きい都市で6万5000人が住んでいます。 1607年前にスペイン人がやってきて、現在では合衆国で最も古い首都の市です。元々の名前は「ラ・ビラ・リール・デ・サンタ・フェ・デ・サンフランシスコ・デ・アシス」でこれはスペイン語で「アッシジのセントフランシスの聖なる信頼の王宮都市」という意味です。

町はロッキー山脈の南下のリオ・グランデ近くにある谷のなかに35平方マイルあり、標高7,000フィートです。東のサングレ・デ・クリスト山脈Sangre de Cristoと西のジェメズ山脈Jemez Mountainsの間にあります。

サンタフェが1年中熱くて乾いた砂漠の気候があると思っている初めての訪問者はそこに行くと驚くでしょう。たくさんの日差しがある町ですが、冬には十分に雪が降り、人気のあるスキーの場所となっています。気温の両極端を除くと、どんな時期にも楽しむことがたくさんあります。

年に一度のサンタフェ・ンディアン・マーケット

年に一度のサンタフェ・インディアン・マーケットは8月です。そこでは国中の 1,200人のインディアンの芸術家が参加していてオリジナルの美術品を彼らから直接購入できます。フォーク・アートの関心が増えているので、最近に市がサンタフェ国際アートマーケットSanta Fe International Folk Art Marketを始めました。7月にあり、40カ国のアーティストが集まってきます。トラディッショナル・スパニッシュ・マーケットTraditional Spanish Marketでスペインの植民地時代の芸術を見たり購入したりできます。これもまた7月にあり、アメリカで最も古くて最も大きい展示物です。

冬のワンダーランド

サンタフェは冬の間は雪が軽く地面を覆い、太陽が澄んだ青い空で光り輝く不思議の国となります。空気は燃えているピニヨン松木のスパイシーなにおいがします。この都市はファロリトスfarolitos(キャンドル・ライトに照らされた砂が詰まった紙袋)で輝くクリスマスが特に楽しいです。それらはアドービ壁、家、道、屋根、および歩道に並べられます。

日の出と日没が美しいです。パターンが変わり続ける白かったり時々チャコール・グレーの色の雲が生き生きとした青空に浮かんで動きます。この光景はほぼ一生をサンタフェで過ごした20世紀画家のジョージア・キーフGeorgia O'Keeffeを魅了しました。

到着してから

到着したあとはサンタフェの高度に慣れる時間を作って初日は気楽に過ごしましょう。水分をたっぷり取り、冬でも日焼け止めを使うことが重要です。

アルバカーキ国際サンポート空港Albuquerque International Sunport Airport (南西へおよそ1時間のドライブ)はサンタフェへに一番近い主要な空港です。サンタフェのより小さいマニシパル空港Municipal Airportはグレイト・レイク・アビエーションGreat Lakes Aviationの民間航空機便があり、コロラド州デンバーから出ています。都市の主要な場所の数日の短期の訪問には車はまったく必要ありません。サンタフェ・マニシパルかアルバカーキ・サンポート空港からシャトルバスに乗ってダウンタウン・プラザ近くにある豪華なホテルかチャーミンクなベッド&ブレックファーストに滞在してみてください。

長期滞在にはレンタカーを借りて、ニューメキシコの中央や北中央近辺のアトラクションを訪問してみてください。

歴史のある場所

サンタフェはにはアメリカ合衆国で最も古い公共の建物、教会、家、および住宅街があります。主な博物館が10つ、そしておよそ200の国際的な画廊があるので芸術と歴史を愛する人には天国です。

ダウンタウン・サンタフェは国立の歴史的な地区で、その中心はプラザPlazaです。北のパレスアベニュー、東のオールド・サンタフェ・トレイル、南に向くサンフランシスコ通り、および西のリンカーン・アベニューで結ばれています。北側には知事の宮殿があります。これは1610年に建てられたもので、サンタフェのオリジナルの州議事堂の建物であり、また初めての主な建築物です。一階建てのこのアドービ煉瓦は1ブロックあり、まだ現在でも使用されている米国で最も古い公共建築です。

Palace of Governors © Jack Patsons / SFCVB
旧総督邸の前で、ネーティブ・アメリカンのアーティストや職人が自分達のアートワークと商品を売っています。

T前の入り口は伝統的、または現代的な宝石、陶器、砂絵、および他の工芸美術の販売するインディアンのためにあります。彼らは一年におよそ360日間午前8時から夕暮れまでそこにいます。知事のパレスのネイティブ・アメリカン・アーティサン・プログラムは才能のある芸術家と職人がオリジナルのアートを売る機会を信憑性を保証する開催地で提供しています。このぷらぐ販売した商品は売り手本人か家族が作ったものでなければなりません。

プラザの東にはお店、レストラン、中庭、そしてセナ・プラザSena Plazaがあります。イースト・サンフランシスコ通りの端にはアッシジ・キャセドラルのセント・フランシスSt. Francisがあります。オールド・サンタフェ・トレイルOld Santa Fe Trailの南には1873-1878に建設されたロレット教会があります。センターとサイドのサポートなしで二つの360度あるらせんの階段は「奇跡的な」達成であると言われています。伝説によると、チャペルの小さくて聖歌隊席の高さには従来の階段は無用でした。困ったシスターたちはセント・ジョセフに祈りました。すると、一人の大工が不思議に現れて階段を無料で直してくれました。

さらにオールド・サンタ・フェ・トレイルの南は以前バリオ・デ・アナルコ Barrio de Analcoとして知られているエリアがあり、ナショナル・ヒストリック・ディストリクト(国の歴史的地区)の一部です。18世紀中ごろに作られたうちがいくつかあります。215 East De Vargas Streetにあるオールド・サンタ・フェ・トレイルの東側には1646年頃に建てられたアメリカで最も古い家があります。オールド・サンタ・フェ・トレイルとイースト・デ・バーガスの角には国で最も古い教会の建物といわれているサン・ミゲル・ミッション教会San Miguel Mission Churchがあります。祭壇は1610年にメキシコからのインディアンによって建設されました。そしてミサは毎週日曜日にまだ行われています。アドービー・サンチュアリオ・デ・グアダルーペThe adobe Santuario de Guadalupeはプラザの西で、1776年と1796年の間に築かれました。そこには素晴らしい祭壇絵があり、最も古い聖母マリアの神殿です。

Save 20% on your hotel

博物館

ニューメキシコの最も有名な芸術家による作品を小さいジョージア・オキーフ博物館で見ることができます。217 Johnson Streetにあり、プラザから数ブロックのところにあります。107 West Palace Avenueにあるファイン・アート博物館The Museum of Fine Artsには20世紀のサウス・ウエスタンのアメリカの芸術のコレクションがあります。それに対し、インディアン芸術博物館学会には現代のインディアン・アートと学会の芸術家のショーケースがあります。

4つの博物館はミュージアム・ヒルMuseum Hill(オールド・サンタ・フェ・トレイルのそばのカミノ・レジョにある町の上のプラザから数マイル南東)に集まっています。

ザ・ミュージアム・オブ・インディアン・アート&カルチャー(The Museum of Indian Arts & Culture)はサウスウェストのインディアンの文化と歴史を学ぶ機会を与えてくれます。建築、言語、歌などのビデオの展示もあります。2000年前にプエブロ・インディアンによって作成されたおよそ300片の陶器がああります。

ザ・ミュージアム・オブ・インターナショナル・フォーク・アート(The Museum of International Folk Art)には世界最大のフォーク・アートのコレクションがあり、サンタフェの一番の博物館といわれています。

ザ・ウィールライト・ミュージアム・オブ・ザ・アメリカン・インディアン(The Wheelwright Museum of the American Indian)はナヴァホNavajo "ホーグハン(hooghan)"の後にデザインされました。ここでは現代的、そして、伝統的なインディアン・アートの展示があります。このケース・トレーディング・ポースト・ミュージアム・ショップCase Trading Post Museum Shopには訪れる価値があります。ここでは100人以上の芸術家が陶器、宝石、および織物を売っています。

ザ・ミュージアム・オブ・スパニッシュ・コロニアル・アート(The Museum of Spanish Colonial Art)はスペインの植民地時代の芸術のコレクションがたくさんあります。1598年にスペインによって植民地化されてからのニューメキシコのアートを中心に中世期から今日までにこの芸術に影響を与えた国からの芸術も取り入れています。

ミュージアム・ヒルはダウンタウンからMラインのバスで行くことができます。日曜日は無用でバスに乗れます。

Native American boutique © Mike Leco / USATourist
知事のパレスのネイティブ・アメリカン・アーティサン・プログラムは才能のある芸術家と職人がオリジナルのアートを売る機会を信憑性を保証する開催地で提供しています。

ショッピング

カウボーイ、カウガール・ブーツ、バックル、ベルト、およびカスタム・メイドの帽子からハイ宝石と美術品までとサンタフェは買い物客を満足させますどこにでもあるチェーンストアー、ショッピング・モール、ギャラリー、またユニークなブティックなどが混ざってあります。

プラザのあたりのプラザ・ギャラリアとサンタフェ・アーケードを含む小さなインドア・モールやいくつかのお店は歩いていける距離内にあります。プラザから1ブロック北にはリンカーン・アベニューにはリンカーン・プレースLincoln Placeがあり、お店が集まっています。またお店がもっとウェスト・サン・フランシスコ・ストリートWest San Francisco Streetにあります。改新された倉庫での楽しい買い物には500 Montezuma Avenueにあるサンブスコ・マーケットセンターSanbusco Market Centerに行ってみてください。歴史的なレイルヤードRailyardに隣接してあるグアダルーペ・ディストリクトGuadalupe Districtにあります。24件ものお店とレストランはサンバスコSanbusco(サンタフェ・ビルダーズ・サプライ・カンパニーの略)にあります。これはかつてのレイルヤード・センターRailyard Centerした。

国際的に有名なキャニオン・ロードCanyon Road(イースト・アラメダ・ストリートEast Alameda Street近くのパセオ・デ・ぺラルタPaseo de Peraltaの南東の曲がり)に訪れてみてください。唯一といわれるギャラリー、お店、そしてレストランが半マイルほど並んでいます。歴史的なアドービレンガの家が並ぶキャニオン・ロードはかつてはインディアンがプエブロからリオ・グランデRio Grandeに沿ってペコスPecos地域へ旅をするのに使用していた道でした。

セリロス・ロードにある町の南(ダウンタウン・プラザからバスでアクセスできます)には3つの主なショッピングモールがあります。ロデオ・ロードのビラ・リンダ・モールVilla Linda Mall、サンタフェ・プラザ・ショッピング・センターSanta Fe Plaza Shopping Center、そしてサンタフェ・プレミアム・アウトレットSanta Fe Premium Outletsの3つでバーゲン価格のお店がたくさんあります。

Taos Pueblo Festival © Jack Patsons / SFCVB
北アメリカ最古の継続して定住されたコミュニティーであるタオス・プエブロには、1,000年以上にわたりネーティブ・アメリカンのタオス・プエブロ部族が生活しています。

日帰り旅行

サンタフェのおよそ70マイル北にタオスがあり、画廊や博物館があり、スキーができる小さい歴史的な芸術のコミュニティがあります。特に注目したいものは数階建てのアドービ建築の建物があるタオス・プエブロです。人が絶え間なく住んでいる北アメリカの最も古い共同体の1つで、1,000年間以上もタオス・プエブロ・インディアンがいる場所です。これはそれはユネスコ世界遺産サイト UNESCO World Heritage Site eと国家の歴史的建造物National Historic Landmarkの両方です。プエブロ集落は訪問者は冬の終りから春の初め以外に入れます。

バンデリア国定公園Bandelier National Monument (サンタフェの西)には、古代の崖に建てられた家の跡があります。ニューメキシコの19箇所のインディアンのプエブロ集落の大部分は町から運転していける距離にあります。そのいくつかは観光のために開いています。サンタフェからおよそ34マイル北西には最初の原子爆弾が作成された場所のロス・アラモス Los Alamosがあります。小さな村はまだ世界中から多くのロスアラモス国立研究所Los Alamos National Laboratoriesを訪問する科学者を引き付けていますが観光のアトラクションはわずかです。

ニューメキシコの最も大きい都市、アルバカーキにはは訪問をして見る価値のある歴史的なオールド・タウンとプエブロ・インディアン文化センターます。都市は300回目の記念日を2005年4月から2006年4月まで祝っています。それは米国で最も大きいインディアンの文化祭であるネーションズ・インディアン・ポウポウを毎年春に主催しています。

宿泊設備

古い町の地区を囲むダウンタウンにはアドービ・スペイン・コロニアルのスタイルで建てられているホテルがあります。ほとんどが平均以上の高価で豪華なホテルです。もっと幅広い種類のホテルがダウンタウンから州マイル南のセリロス・ロード Cerillos Roadにあります。ここではお手ごろ価格のホテルを見つけられます。また、いくつかのお手ごろ価格のホテルがI-25の出口近くにあります。

原作筆者: Jean Verlich
訳: Shiori Kitazono
上部写真撮影: © Mike Leco / USATourist
写真詳細: サンタフェ(ニューメキシコ州)のアドビ造り。