アルバカーキ
ニューメキシコ
旅行目的地
予約

Gathering of Nations
© Mike Leco / USATourist

北アメリカ最大規模のネーティブ・アメリカンのパウワウであるギャザリング・オブ・ネイションンで、ネーティブ・アメリカンの年長者が話します。

アルバカーキ、ニューメキシコ

アルバカーキAlbuquerqueはニューメキシコで一番大きな町です。それは州の中心部の近くにあるリオ・グランデ川Rio Grande Riverに沿って位置しています。2つの主要な高速道路がニューメキシコを4等分に分けています。ルート25はコロラドから北境界を越えて、北中央の山を通り、そしてリオ・グランデ・バレーを南方向に追うようにテキサスとメキシコの境界にあるエルパソへと続きます。ルート40は東のテキサスの境界から西のアリゾナの境界まである古いルート66をほぼ追うようにあり、州を二つに分けています。これらの2つの主要な高速道路がアルバカーキで交差します。

ダウンタウン・アルバカーキ近辺にあるこの二つの高速道路の交差点では斜面と橋がピンクや日焼け色やターコイズのパステル色に塗られています。橋のせり台と支え壁はインディアンのデザインで芸術的に飾り付けをされています。この町の道路と民間建物には南西の文化の本質が吹き込まれています。

高原に位置しています

町はリオ・グランデ川の広い浅い谷(標高およそ5000フィート)に広がってあります。東にはサンディア山脈Sandia Mountainsが印象的な高い壁を作っていて、ターコイズ色の空に達するようにあります。あらゆる方向の地平線では丘と岩山が広大な高地を突き抜けるようにあります。都市の西縁ではリオ・グランデ川が都市を見下ろす低い断壁の元にある浅い水路にほぼ隠れるようにあります。

アルバカーキの気候はどの季節でも驚くほど温和です。砂漠環境の近くに位置してますが、高い高度によって激しい夏の熱を避け、南の緯度によって厳しい冬の気候を避けています。夏には雨が降り、冬には少量の雪が降りますが、通常はどの季節にでも澄んだ青空があります。

新しい高層のビルの小さな集まりがあるダウンタウン・アルバカーキは2つの高速道路の交差点の近くにあります。商用ビル、ショッピング・モール、およびホテルはこれらの主要な高速道路に沿ってあらゆる方向にあります。アルバカーキの古い町の地区はこの交差している道路から南西にわずか数ブロックのところにあります。

San Felipe de Neri © Mike Leco / USATourist
サンフェリペ・デ・ネーリはアルバカーキ最古のカトリック教会です。この教会は1793年に建設され、歴史登録財に登録されています。

回復された古い町の地区

古い町の地区のおよそ10ブロックがオリジナルのスペインの植民地時代にと回復されました。低いアドービ建築と木陰の散歩道はメインのプラザを囲んでいます。プラザはサンフェリペ・デ・ネーリ教会San Felipe de Neri churchの印象的なアドービ建築に占められています。狭い通路は影のある奥庭と隠れた噴水に通じます。およそ100件の店、レストラン、およびギャラリーがこのエリアにあります。インディアン工芸品がメイン・プラザの東ポーチコの下の青空市場で売られています。

ガラガラ蛇博物館、ターコイズ博物館、および原子博物館を含んだユニークな博物館が古い町の地域にいくつかのあります。ターコイズの宝石も買うつもりなら、はじめにターコイズの博物館に行くべきです。そこではターコイズの宝石の採掘、製造、および品質について学べます。またアルバカーキには科学センター、自然史博物館、動物園、生物学公園、水族館、植物園があります。

プエブロ・インディアン文化センター

プエブロ・インディアン文化センターThe Indian Pueblo Cultural Centerは古い町の地区のわずか数ブロック北に位置しています。プエブロ・インディアン部族と他のインディアン部族の歴史と文化に関する情報を訪問者に提供します。ニューメキシコの古代の19のプエブロ・インディアンについて学ぶことができ、いまだに住んでいるインディアンを訪問する方法が見つけられます。夏の週末の間に様々な部族のメンバーによるネイティブ・ダンスを含む多くのプログラムがセンターであります。センターでは地方の村で製造されたインディアンの工芸が店にあり、屋外マーケットにはネイティブによって生産された食物と工芸があります。

20% Off Best Available Rate

毎年4月に、アルバカーキにあるニューメキシコ大学は「国の集会」(北アメリカで最も大きいインディアンの集会)を主催します。この週末に多数の部族からのインディアン・ダンサー、ドラム奏者、および歌手などが集まり最大2,000人にもなります。また何万人ものインディアンを引き付けますが、出席は誰もが歓迎されています。

10月にアルバカーキは年に一度の国際風船祭りInternational Balloon Fiestaを接待します。このカラフルな9日間の行事には何百個もの気球が集まります。この町の周囲の地質は高度が高くなるごとに風向きが変わるので、気球乗りに最適な気候を作り出しています。

近くのアトラクション

他に近いアトラクションは都市の西のはずれのペトログリフ国立遺跡ですthe Petroglyph National Monument。それは何千もの古代の、そして、現代のインディアン岩石の彫刻と絵を含んでいます。街から北へ数マイルのサンディア・ピーク・アリアル・トラムウェイthe Sandia Peak Arial Tramwayでは2.7-mile (4,5km)の登山で高さ1万378フィート(2.343m)の頂上まで行くことができます。ドライブを楽しむなら花畑、緑豊かな森林、およびいくつかのゴーストタウンを通り抜ける美しいターコイズ・トレイルTurquoise Trailを含む観光ルートが数箇所ほど山の東部にあります。

Acoma Pueblo © Mike Leco / USATourist
アコマ・プエブロは広大な大草原を見渡すメサの上に高く位置する、美しいネーティブ・アメリカンの町です。

アルバカーキから西に向かって進むと高速道路に平行にある歴史的な古いルート66を見ることができます。高速道路を降りてルート66を数マイル運転できます。およそ1時間半西に行くと「空のプエブロ」として知られているアコマ・プエブロ Acoma Puebloがあります。この美しいインディアンの村は、広大な大草原を見下ろしながら、高くメサの上に位置しています。ここではおよそ1,000年間も絶え間なくインディアンが生息しています。ここは誘導された観光だけ毎日受け付けられています。アルバカーキから一時間のドライブで訪問することができる他のいくつかのプエブロ集落があります。

1時間半北にドライブするとニューメキシコの州都のサンタフェがあります。アドービ建築と豊かなスペインの植民地時代の文化がある美しくて古い街です。またすばらしいレストラン、工芸品店、ブティック、および画廊がある高級スキー・リゾートと芸術家のコミュニティです。

行き方

アルバカーキサンポート国際空港Albuquerque Sunport International Airportはルート25に沿ったダウンタウンのわずか数マイル南に位置しています。町のどこにでも連れて行ってくれるバス、シャトル、およびタクシーがお手ごろな価格であります。アムトラックAmtrak (国の乗客レールサービス)はアルバカーキに停車するロサンゼルスからシカゴまでのサウスウェスト・チーフ・ラインを操作しています。

宿泊設備

非常に手頃な価格で良い宿泊設備がアルバカーキに多くあります。ホテルの大部分は空港の近くのルート25とルート40に集中してあり、バジェット価格です。ダウンタウンとルート25とルート40が交差するあたりにはいろいろな値段のホテルがあります。

原作筆者: Mike Leco
訳: Shiori Kitazono
上部写真撮影: © MarbleStreetStudio.com / ACVB
写真詳細: アルバカーキ(ニューメキシコ州)のスカイライン