バレー・オブ・ファイアー州立公園
ネバダ
旅行目的地
航空券, ホテル & レンタカー

バレー・オブ・ファイアー州立公園

バレー・オブ・ファイアー州立公園は、ネバダ州ラスベガスの北東約60Km、オバートン(Overton)の近くに位置しています。車では、まずInterstate15を北へ約50Km走り、モアパ・インディアン保留地でRoute169に乗り換えて東へ走ります。ラスベガスのストリップから1時間足らずの距離です。

Desert Hike© Mike Leco / USATourist.com
障害者対応のものも含むいくつものウォーキング・トレイル、小さなキャンプ場が一箇所と、ロッククライミングやボールダーリングのできる場所がたくさんあります。

ハリウッド映画でもおなじみ

この砂漠の奇観を成すのは、種類も色合いもさまざまな火山岩と、長年にわたり侵食を受けてきた赤い砂岩です。「バレー・オブ・ファイアー(火の谷)」という公園の名称は、真っ赤な絶壁が朝日に照らし出されると炎のように見えることに由来します。これら地質学的特異性により、エリア一帯には、ある種地球離れした、神秘的な雰囲気が漂っています。実際、バレー・オブ・ファイアーは、スタートレックシリーズや先史時代の英雄ものなどを含む、多くのハリウッド映画の撮影場所としても使われてきました。

公園内ほとんどの箇所はRoute169沿い、あるいは分岐して丘へと延びる短い専用道からアクセス可能です。園内のビジターセンターには、この地域の地理、考古学、動植物に関する説明や展示などがあります。障害者対応のものも含むいくつものウォーキング・トレイル、小さなキャンプ場が一箇所と、ロッククライミングやボールダーリングのできる場所がたくさんあります。

インディアンのペトログリフも数多い

公園内の岩面には、広範にわたって多くのペトログリフ(岩面彫刻)やピクトグラフ(象形文字)が見られます。特に、Mouse’s Tankのトレイルを3 ? 400メートルも歩けば、何千もの古代彫刻を集中的に見ることができます。

Petroglyphs© Mike Leco / USATourist.com
公園内の岩面には、広範にわたって多くのペトログリフ(岩面彫刻)やピクトグラフ(象形文字)が見られます。

バレー・オブ・ファイアー州立公園は、毎日、日の出から日没まで開園しています。入園料は、自動車1台につき3ドルとわずかで、しかも自己申告制です。ビジターセンターの開室時間は8:30から4:30まで。 バレー・オブ・ファイアーは、ラスベガス近郊では最高にお得な観光スポットです。スロットマシーンを半日離れて行ってみる価値は十分にあります。

Route169沿い、オバートンにあるロスト・シティ博物館(The Lost City Museum of Archeology)では、この地域に発展した古代プエブロ文化の世界を垣間見ることができます。

原作筆者: Mike Leco
訳: Mihoko Miyamoto
上部写真撮影: © Mike Leco / USATourist.com
写真詳細: この砂漠の奇観を成すのは、種類も色合いもさまざまな火山岩と、長年にわたり侵食を受けてきた赤い砂岩です。