ラスベガス
ネバダ
旅行目的地
予約

ネバダ州ラスベガス - 交通手段

ラスベガスへ行く

空港

ラスベガス・マッカラン国際空港は、アメリカのほとんどの主要都市からの直行便、さらに数便の海外らの国際便を含む、1日約1500便のフライトが発着する、アメリカ国内で最も賑わう空港です。また、マッカラン国際空港には、ロサンゼルス、フィニックス、多数の他の南西部都市を往復する、多数のコミューター便も発着しています。

マッカラン国際空港は、ターミナルの至る所に1300機以上のスロットマシンが設置してあるという点でとてもユニークです。深夜以降でも、マッカラン国際空港のターミナルと大規模バゲージ中央ホールには、何千人もの到着する観光客や出発する観光客で常にごった返しています。

マッカラン国際空港は、「ストリップ」として知られているラスベガス・ブルバードの南端から約5分の所に位置しています。

空港の交通手段

ラスベガスのストリップでは頻繁に交通渋滞がおこります。 © Mike Leco / USATourist.com
ラスベガスのストリップでは頻繁に交通渋滞がおこります。

マッカラン国際空港には多くのレンタカー会社があります。巨大レンタカー施設の新マッカラン・レンタカーセンターへのシャトルは5分ごとに運行され、シャトル乗り場は出口10または11の外にあります。

タクシー乗り場はバゲージクレームの東側外、出口1~5の外にあります。ラスベガスのストリップまでのタクシーの平均料金は$15、ダウンダウンへは$19です。

ヒント:一階バゲージ中央ホールを出て、タクシーを待つ列が長い場合、反対側出口に行きましょう。シャトルバスを待つ列がとても短いことを発見します。

グループシャトルは安くホテルへ行く方法です。グループシャトルのただ1つの難点は、空港とホテル間で数箇所停車することです。空港からラスベガスのストリップにあるホテルへの乗車料金は$5~$6で、ダウンタウンへの料金は$6.50~$8です。

セダンサービスとリムジンサービスの料金は1時間$35~$55からです。シャトル、セダン、リムジンの乗り場はバゲージクレームの西側、出口8~13の外にあります。

シティズンズ・エリア・トランジット(CAT)の109番がマッカラン国際空港に停車します。ストリップまで料金$2で安く行けますが、バス停からホテルまで歩いて距離があるかもしれないということをお忘れなく。

将来的に、マッカラン国際空港の2箇所に停車することを含む、ラスベガス・モノレールを拡張する計画中です。

Get up to 20% off on your Car Rental

列車

アムトラックはラスベガスへの直行便サービスはありませんが、グレイハウンドが提供する各3つのルート経由で高速道路サービスを提供しています。最短ルートは、ラスベガスの南へ車で約1時間半のキングマン(アリゾナ州)に停車するサウスウェスト・チーフです。

州間バス(長距離バス)

グレイハウンドバスでは、北東部からユタへ、南部カリフォルニア、南からアリゾナへなど、3つのルートで多数のサービスを提供しています。

アメリカ国内の民間ツアー会社はラスベガスへのチャーターバスツアーを主催しています。他のアメリカの都市を訪問している際、このラスベガスへのチャーターバスツアーに関して問い合わせるのも良いことでしょう。

ドライブ

州間高速道路15 (I-15)は、ロサンゼルス地域からラスベガスを通り、ソルトレークシティ地域へと行きます。ラスベガス・ベルトウェイ(I-215)は、ヘンダーソン(アリゾナ州)へ伸びる南部ラスベガスと北部ラスベガスを接続する大きな環状道路です。また、I-515も南東のヘンダーソンへと行きます。

ラスベガスのレンタカーをお探しですか?世界的なオンラインレンタカーの検索エンジン比較ができるEasyTerra.comをチェックください。

少数の高速道路がラスベガスを通過します。国道95号線(ラスベガス・エクスプレスとして知られている)は、ラスベガス北西部のカーソンシティ(ネバダ州)から来ます。国道93号線は北東部へとネバダ州に行きます。国道95号線は南へと南部カリフォルニアに入り、州間高速道路40に接続します。

移動する

主要道路と交通量

ラスベガスはとても簡単に移動できます。東西に走る大通りは、フフラミンゴ・ロード、トロピカーナ・アベニュー、サハラ・アベニューです。ラスベガス・ブルバードは、I-15と平行してラスベガス市内中央を通り、南北に走ります。アメリカ国内で最も急成長している都市のラスベガスは、とてもひどい交通渋滞に悩まされています。ラスベガスのストリップは、毎夕とても混雑し、特に週末は慢性的な交通渋滞です。

バス

ラスベガスのストリップには豪華なホテル・カジノが建ち並びます。 © Mike Leco / USATourist.com
ラスベガスのストリップには豪華なホテル・カジノが建ち並びます。

シティズンズ・エリア・トランジット(CAT)はラスベガスの広い範囲にわたり運行しています。ストリップに沿って運行されるバスのみ、週7日、24時間運行しています。ストリップの料金は$2、オフ・ストリップの料金は$1.25です。

2階建てバスはラスベガスのストリップを往復運行します。1回乗車の料金は$2、24時間利用できるAll Access Passの料金は$5です。さらにこのパスはCATでも利用できます。

ストリップトロリー

ストリップトロリーは、ストリップ沿いおよびオフ・ストリップを運行しています。4つの「環状線」または路線があります。トロリーの料金は片道$2.50、あるいは一日乗車券の料金は$6.50です。

モノレール

いくつかのトラムとモノレールが、ストリップにあるホテル間を運行しています。無料モノレールは同系列企業によって経営されているカジノのみに接続しており、より長いラスベガス・モノレールはやや料金が高めです。ラスベガスのストリップバスは超お値打料金です。

ラスベガス・モノレールは最長のモノレールです。ラスベガス・モノレールはストリップ東側の路線に沿って7つのホテルに停車します。モノレールはサハラ駅で発着し、MGMグランド駅が終点です。片道料金は$5です。複数乗車チケットを購入すると割引があります。

ミラージュ-トレジャーアイランド・トラムは、これら2つのホテル間を往復します。このトラムは15分ごとに運行しています。

マンダレイ・ベイ-エクスカリバー・トラムは、トロピカーナ・ウォークウェイからエクスカリバー、ルクソール、マンダレイ・ベイ間を運行しています。

多数のホテルでは、ホテル宿泊客用に1つ以上のホテル間で追加シャトルサービスを延長しています。

タクシー

タクシーの運転手はラスベガスのことを良く知りつくしていて、目的地へ素早く連れて行ってくれます。しかし、彼らは「長い距離」の道順で連れて行こうともします(早くて安い産業道路の代わりにI-15で行こうとします)。タクシーに乗車した際、目的地とどのルートで行きたいかを伝えましょう。

ドライビング

ラスベガスの通りはとても簡単に進むことができますが、常にストリップは交通渋滞しています。産業道路はストリップの西側を平行に走っていて、ストリップの一方の端からもう片方の端へ行くにはこの産業道路が早道です。I-15は産業道路の少し西側にあり、ストリップの南側からダウンタウンへ行くには最も早いルートですが、ラッシュ時はストリップト同じくらい渋滞しています。

有名なフリーモント・ストリート(ネオンカウボーイの本場)は、ラスベガスのダウンタウンにあります。フリーモント・ストリートは交通閉鎖され、歩行者に解放されています。

ストリップの周辺には多くの無料駐車場がありますが、ラスベガスで大規模な会議が開催される際、これらの無料駐車場に駐車するのはほとんど不可能です。いくつかのホテルには有料駐車場があり、また、ほとんどのホテルにはバレットパーキングがあります。

自転車

地元のお店では観光客向けに自転車レンタルをしていますが、ストリップで自転車に乗ることはお勧めしません。交通渋滞と何千人もの歩行者でごった返す通りやサイドウォークで、自転車を安全に乗るのはほとんど不可能です。

ラスベガスでは様々な電動乗り物のレンタルを提供しています。 © Mike Leco / USATourist.com
ラスベガスでは様々な電動乗り物のレンタルを提供しています。

3時間約$30で電動スクーター、モペット、オートバイ、セグウェイ(電動立ち乗り4輪スクーター)などを貸し出すレンタルショップがあります。

歩く

過去数年にわたって、ストリップを歩くことはより便利になりました。歩道橋が混雑した通りに架けられ、動く歩道(ムービング・ウォークウェイ)が多くの大規模ホテルで利用できます。

ラスベガスのストリップは全長4マイルです。「ストリップを歩く」計画の場合、履き心地のよい靴を履き、日焼け止めを塗りましょう。また、巨大ホテル間の距離を甘く見ないようにしましょう。ストリップを歩くのは楽しく、ラスベガスを体験する良い方法ですが、歩いた距離を忘れてしまうのは簡単です。ホテルへ引き返そうと思ったら、ホテルからとても遠くに来ていることに気づくことがあります。午後のラスベガスはとても暑くなることをお忘れなく。特に、夏時期に屋外を長距離歩くことは快適ではありません。

注意:ジェイウォーキング(横断歩道がないところで道路を横断する)は違法です。

障害者用設備

電動スクーターと車椅子をレンタルする場所があります。すべてのホテル、レストラン、ショーでは障害者用設備を設置しています。障害者専用のシャトルサービスもあります。

原作筆者: Elizabeth Blair
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Mike Leco / USATourist.com
写真詳細: マッカラン国際空港