ブランソン
旅行目的地
予約

ミズーリ州ブランソン

ミズーリ州ブランソンは、外国人観光客にあまり良く知られていない人気なアメリカの観光スポットです。ブランソンは「世界的ミュージックシアターの中心地」となった、アメリカ中部地方の家族向け休暇リゾートです。今日、ブランソンの多数のシアターではたいていカントリーミュージックまたは伝統的家族向けをテーマにしたショーを提供しています。さらに、全種類の他のエンターテイメントと観光アトラクションもあります。 

ミズーリ州ブランソンはワイドルで田舎風の魅力を放っています

早朝の青い靄がキャンプ場を取り囲みました。キャンプファイヤーの光が近くの岩や木々の見慣れない影を映し出すにつれ、あちこちでキャンプファイヤーがぽんと鳴ってはじけました。朝食を取る人々のグループはランタンの灯るピクニックテーブルに座りました。他の人たちはまだ寝ていました。キャンプ場の冷たい朝の空気がコオロギの鳴き声とともにゆっくり活気づきました。

River View © Ron Harmon / USATourist.com
今日、ブランソン地域を旅行する人たちは忘れる事ができないこのワイルドで素朴な土地は、ある特定の魅力を持っていることを発見します。

寝袋をたたみ、自動車に道具一式を積み込みました。太陽の光が朝の霧を突き抜けて照らし出しました。突然、キャンプ場はソフトな緑色、濃い赤色、鮮やかな黄色などパレット上の絵の具のようにいろいろな色で溢れました。オーザックは秋です。キャンプ場から丘と谷を越えミズーリ州ブランソンのオーザック地方へと車を運転しました。自然のままの険しい土地を通り曲がりくねる道に沿って移動しました。様々な色から成る狭い谷間は、尾根を取り囲むジグザグのリズムによりそびえ立っていました。朝日の中、透明な小川は木々の葉に覆われた下で輝いていました。新鮮な空気は離れたキャンプ場からのヒコリーの燃える匂いを運びました。

高速道路の片側に建つオールド・マット・キャビンを通過しました。オールド・マット・キャビンは丘の羊飼い農場と呼ばれているように建っています。作家のハロルド・ベル・ライト(Harold Bell Wright)は、彼の有名な小説「丘の羊飼い」でこの家(1800年代後半に建築された)とそこに住む家族について書きました。農場の旧製粉所を利用した劇場では、5月から10月末まで、広大な屋外ステージで多数の地元出演者による羊飼いの物語を再上演します。

ブランソンは家族向けバージョンのラスベガス

農場を数マイル行くと、他の種類のエンターテイメントを知らせる大きな派手なサインがあります。アンディ・ウィリアムスのショー、ボックスカー・ウィリーズ、ボビー・ヴィントンのショー、ローレンス・ウェルクのショー、とても喝采されているフォギー・リバー・ボーイズ・シアターなどがあります。今日、ブランソンでは大忙しの日程の休暇を提供しています。それはミズーリ南部の丘にある家族向けバージョンのラスベガスのようです。

1541年にこの地方へ来た17世紀のフランス人猟師であるエルナンド・デ・ソト(Hernando De Soto)のような初期の探検家にとって、この地域は耐久力と力仕事を要するとても険しい地域でした。オーザックの名前の由来は広く論議されています。とはいえ、フランスの文書中にミズーリ州セントルイスの名前は、「Aux Arcs」と呼ばれるフランス人毛皮商人たちにより主催された狩猟探検、またはアーカンソーのインディアン部族の領域に遠征したことに由来しています。フランス人移住者たちは習慣上、インディアン部族の長い名前の最初の音節だけを使用しました。

ブランソンはフレンドリーでカジュアルな地域です

Blacksmith © Ron Harmon / USATourist.com
「主な観光スポットは、後ずさりさせるオーザックの学校である大規模なテーマパークのシルバー・ダラー・シティ(Silver Dollar City)です。

ブランソンのフレンドリーなカジュアルさはこの小さな地域を陽気な場所にします。居住者は朝の買物に急ぎました。観光客が何か特別なお土産を探して通を散策していました。レストランですべての食事をしようと計画していたので、第一の目的は朝食を食べる場所探しでした。ブランソンの至るところには全種類のカフェやレストランがありました。したがって確実に選択がありました。

朝食を食べることに決めた宿屋の温和な雰囲気の中で、コーヒーとスクランブルエッグ、ビスケット、グレービー、ハム、シナモンロールのバイキング料理の朝食を取りました。このレストランは一杯で、私はアール・リンドと自己紹介した目の色の濃い少し白髪交じりの人と相席になりました。「ここにはたくさん見るものがある」と相席に座るその人は微笑みました。「主な観光スポットは、後ずさりさせるオーザックの学校である大規模なテーマパークのシルバー・ダラー・シティ(Silver Dollar City)です。」とコーヒーを飲みながらアールは多数の観光地や歴史的地域について教えてくれました。「多くの定年退職者がここには住んでおり、彼らはアメリカ国内各地からやって来ます。」と彼は説明しました。「その中には遠くはニューヨークやオレゴンから来ている人もいます。」と彼はつぶやきました。「オーザックはいろいろな人たちにとって人気な場所であるようです。」

Save 20% on your reservation at Travelodge

キューピー人形はブランソンで作られました

女性平等権利の初期推進者であるローズ・オニール(Rose O'Neill)は、著者さし絵画家、芸術家、世界的旅行者、そして今日有名なキューピー人形の生みの親でした。ローズは世界中を広範囲に旅行しましたが、常にブランソン近くの彼女の家族が「ボニーブルック」と名付けた土地にある家に戻って来ました。キューピーは恐らく最も人気な人形であることを学びました。多数の異なる種類の人形やキューピーが、お皿、新聞紙、雑誌、ぬり絵帳、布に描写され、アイスクリームやキャンディー型、ドアノッカー、また多数の他の形に作られました。オニール氏は4つの小説、詩の本、彼女自身がイラストした多数の子供向けの本を書きました。

1896年にローズは初めてオーザックに来て、「ボニーブルック」が彼女の憩いの場所になりました。1909年、ローズはキューピーを描き出し、1913年には若いニューヨークの芸術家の助けとともにキューピー人形を作り出しました。この小さな人形がローズ・オニールを世界中に知れ渡しました。遠くは日本からキューピー愛好家たちが世界中にいます。1967年、ローズ・オニールに敬意を表し1週間お祝いが行われました。ローズの生活に対する熱意を考え、キューピー愛好家たちはキューピーと祝祭を組み合わせて「キューピーエスタ」と名前をつけました。

オーザックの丘は古い伝説で満たされています

オーザックの丘は不思議、迷信、ミステリーなど多数の物語を持っています。その1つの物語は、自称ボールドノバーズによって発展した治安連盟についてです。

Ozark Man © Ron Harmon / USATourist.com
オーザックの丘は不思議、迷信、ミステリーなど多数の物語を持っています。

かつて南北戦争後、オーザック山脈地域はまだ不安定な状態でした。無法な人たちが郡政府のいくつかを管理するために暴力を使用していました。これらの暴力的グループは、様々な政府機関を完全に支配していたため罰せられませんでした。ついに、これら悪意ある敵をオーザック山脈から取除くために26人の市民が団結しました。暗い色の服を着て黒い帽子をかぶり、より気味悪く見せるために白い顎ひげ、または牛の角を付けていました。この市民グループは高地のやせた丘での最初の会合後、彼ら自身をボールドノバーズと呼びました。この自警団グループはオーザックの犯罪者を取除くことを決心しました。彼らの多くの方策はとても残忍で、ボールドノバーズの名前はすぐにオーザック内のすべての残酷な人たちに付けられるようになりました。今日、彼らの思い出は無法な人たちと戦った中に団結性を示した勇敢なグループとして生き続けています。

アメリカで最もユニークな大学

アメリカで一番ユニークな大学として知られているオーザック大学で、大学に通う学生が行うガイド付きツアーに参加しました。若い学生ガイドは構内周辺の様々な建物を指しながら学校の歴史について説明しました。オーザック大学は学資金がない有能な若者に教育機会を与えるために、1906年に設立されたと説明してくれました。またガイドは、広範囲にわたる美術工芸プログラムが大学と様々な特約店により後援され、大学は美術工芸作品の展示会を開催していると教えてくれました。

大学構内の主要観光スポットはラルフ・フォスター博物館です。オーザック地方の歴史を中心に750,000品以上に及ぶ博物館の収集品は、歴史、アンティーク、考古学、地質学、鉱物学、自然史、西部開拓を表します。この博物館は一年中開館しています。今日、ブランソン地域を旅行する人たちは忘れる事ができないこのワイルドで素朴な土地は、ある特定の魅力を持っていることを発見します。または、多数の湖ですることができる優れた魚釣り、または一歩踏み出すごとに旅行者の周りにある険しい美、あるいは何か活気を与える親しみある地元の人たちかもしれません。それが何であれ、それはここにあり永遠に呼び掛けます。

原作筆者: Ronald Harmon
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Branson Lakes Area Chamber of Commerce
写真詳細: ブランソンは家族向けバージョンのラスベガス