マイアミ
フロリダ
旅行目的地
予約

国立公園

マイアミのアトラクション

マイアミ(フロリダ州)は、ラテンアメリカの雰囲気が漂う、活気あるリゾート都市、商業地、国際港です。マイアミは、アメリカ人および海外からの旅行者の人たちにとって人気なバケーション地です。フロリダの一番の魅力は、その美しいビーチ、そして温暖な亜熱帯の気候だけでなく、多くの他のアトラクションとエンターテイメントも提供していることです。

マイアミのビーチ

マイアミ大都市圏は、2つの全く別な都市から構成されています。マイアミは本土の海岸沿いに位置する商業、ビジネス、住宅地域である一方で、マイアミビーチはマイアミ東部の湾内にのびる細長い島に位置するバケーションリゾート地です。これら両地域は、本土から島々に掛かる一連の橋と長橋でつながっています。

マイアミビーチは、島の東部海岸に沿っておよそ10マイルにのびる、美しい広い砂浜が有名です。この白い砂浜のビーチは、ほとんどの場所で幅100メートル以上におよびます。大西洋の海水は浅く、年間最低8ヶ月間は泳ぐのに十分温かいです。もちろん、マイアミビーチでの水泳、サーフィン、日光浴は、最も人気なアクティビティです。ボート乗り、パラセーリング、スノーケル、魚釣りなどを主催しているお店が近くにあり、ツアーやアクティビティ用ギアーを利用することができます。

ビーチ沿いの通りには、多数のバケーション中の旅行者および季節定住者の人たちに貸出している、高層ホテル、バケーションアパート、コンドミニアムが建ち並びます。また、これら多くの観光客の人たちが空き時間に立ち寄る、レストラン、バー、ダンスクラブ、お店も多数あります。

South Beach © Cristian Lazzari
マイアミの白い砂浜と暖かい海水は、年間を通して観光客の人たちを魅了します。マイアミビーチは、マイアミの東部海岸に沿って約10フィートに広がります。

サウスビーチ

島の最南端にある23のブロックは、サウスビーチとして知られる、マイアミビーチの最も古い地域に位置しています。1930年代にアールデコ様式、ストリームライン・モダン、ノーティカル・モダンスタイルで建築され、修復された建造物の最大規模のコレクションが最も有名有名です。ピンク、黄色、ピーチ、ライムグリーンなどパステル調のこれら美しい古い建造物は、どこからでも見つけられる、アールデコ様式およびストリームライン・モダン様式の大規模なコレクションを作り上げます。

サウスビーチは、マイアミ地域で最も活気に満ち、そして最も高級地域です。現在、多くのお金持ちの有名人たちが、これらの美しく改装されたアールデコ様式の家々に住んでいます。「マイアミ・サウンド」として知られる、情熱的ビートのキューバ・ラテン・サウスアメリカ・サルサのリズムが漂うサウスビーチには、最もトレンディーなレストラン、バー、ダンスクラブが多数あり、マイアミ・サウンドを夜遅くまで聴くことができます。

Vizcaya Museum and Gardens © Tom Schaefer
ビスカヤ博物館および庭園は、美しい建造物、そしてイタリアのルネサンス様式にデザインされた大庭園に取り囲まれ、16世紀のイタリアスタイルを精巧に取り入れています。

主要アトラクション

マイアミのダウンタウン真南は、実業家ジェームス・ダーリングの避寒用別荘があるビスカヤです。16世紀のイタリアスタイルを精巧に取り入れたこの別荘は、ヨーロッパ建築の美術、工芸品、家具などが多数飾られ、デザインに組み入れられました。この建築物は、イタリアとフランスのルネサンス様式でデザインされた大庭園に取り囲まれています。現在、マイアミ市当局およびデイド郡により所有され、一般公開しています。

さらに南に行くと、美しく計画的に設計された町並みが並ぶコーラルゲーブルズあり、世界中で最も美しい公共プールがあります。ベネチアンプールは、滝、地下のほら穴、洞窟がある、豊富な自然の珊瑚で建設され、さらに歴史あるイタリア式建築で取り囲まれ、天然水が利用されています。また、この地域には世界で最も美しい庭園のフェアチャイルド熱帯植物園もあります。マイアミ大学のキャンパス近くには、すばらしいコレクションを取り揃えるロウ美術館があります。

マイアミのダウンタウン真西に位置する地域は、キューバからの移住者が優勢を占めるため、よく「リトルハバナ」と呼ばれます。この地域は、SW 8th Streetまたは通称「カリェ・オチョ」に集中しています。この地域は、アメリカに住んでいるキューバの追放共同体の政治的および文化的な中心地です。キューバの食べ物、そして本物のキューバ音楽と文化をこの地域の至る所で見つけることができます。

家族向けアトラクション

マイアミは全ての年齢の子供たちにすばらしいアクティビティを多数提供します。マイアミ水族館はオーランドのシーワールドより少し規模が小さいですが、子供たちがイルカと一緒に泳げ、そしてイルカとのふれあいを体験できる、ドルフィン・エンカウンターを提供しています。少し料金が高いですが、敷地面積19エーカーあるアミューズメントパークのジャングル島には、小動物園、鳥園、ジャングルトレイル、動物ショーを見学できる多数のシアターがあります。マイアミ・メトロ動物園は、ダウンタウンから車で45分の場所に位置しています。この動物園の敷地面積は290エーカー以上あるので、園内を歩いて動く必要があります。モンキー・ジャングルはマイアミから南へ車で約1時間ですが、観光客の人たちが保護された柵の中を歩き、その一方で数百匹のサルたちが外を自由に歩き回るという点がユニークです。

ココナッツ・グローブにあるマイアミ科学博物館には、子供たちを魅了するインタラクティブな展示が多数あります。さらに、マイアミ子供博物館でも子供向けインタラクティブな展示を多数提供しています。スコット・ラコフ・ユースセンターでは、少し年齢の高い子供たちのためにアイススケート場、ボウリング場、バスケットコート、体育館を提供しています。

買い物

もちろん、サウスビーチ地区の多くの高級店とともに、マイアミビーチのウォーターフロント沿いには、多数の専門店、ブティック、お店が建ち並びます。しかし、本気で買い物をしたい場合は、地元のショッピングモールまたはディスカウント・アウトレットを訪れるべきです。マイアミ国際空港近くにあるドルフィンモールには、200以上のお店とレストランがあります。ダウンタウンの真南に位置するココナッツ・グローブには、小規模なオープンエアーのショッピングセンター、そして良い選択のレストラン、バー、ダンスクラブが入っている、ココ・ウォークがあります。究極のバーゲンハンターの人たちには、ダウンタウンから北に約30分、フォートローダーデール近くにある、ソーグラスミルズモールがおすすめです。このモールには、多数のファクトリー・アウトレットとディスカウントストアを含む、350以上のお店が入っています。

ナイトライフ

マイアミのダウンタウン、マイアミビーチ、ココナッツ・グローブは、マイアミのベストなナイトライフを見つけられる場所です。サウスビーチにはすばらしい選択のトレンディーなバーと高級ダンスクラブがありますが、夜11以降にならないと盛り上がらず、最も人気なクラブに入場することは通常とても難しいでしょう。ライブミュージックは一部のバーで聞くことが可能ですが、ディスコミュージックがナイトクラブやダンスクラブで最も主流です。「マイアミ・サウンド」のサルサを試してみたい場合、マイアミビーチにある主要ホテル内のクラブまたはバー、あるいはココナッツ・グローブの一部のナイトスポットを試してみて下さい。サウスビーチのクラブよりアクセスしやすいです。

スポーツとレクレーション

マイアミにはプロフットボールチーム、プロバスケットボールチーム、プロ野球チーム、プロホッケーチームがあります。季節により、チケットを購入でき、試合観戦ができます。2つのサラブレッド競馬場、そして20以上のゴルフ場があります。また、ボート乗り、スキューバーダイビング、スノーケル、チャーター魚釣りも提供しています。通常、年間を通してほとんどのアウトドア・アクティビティをするには気持ちの良い気候なので、いつでも楽しいアウトドア・アクティビティを多数見つけることができます。

地元のアトラクション

フロリダのエバーグレーズは、マイアミの真西に位置し、フロリダ半島南端の全域を覆う、すばらしい大湿原地帯です。エバーグレーズへは、マイアミからエバーグレーズを横断し、西海岸にあるネープルスまで通る、タミアミ・パークウェイとして知られるルート41に沿って行くことができます。タミアミ・パークウェイにあるシャークバレー自然保護区は、マイアミのダウンタウンから1時間未満で行け、野生動物の生息地内でワニや他の野生動物を観察する機会を提供しています。このルート沿いにあるミカズキ族インディアン居留地内には、周辺のスワンプでエアボートとスワンプバギーのツアーを提供する、多数のお店があります。

エバーグレーズを通る他の主要道路は、フォートローダーデールからネープルスまで走る、「ワニの生息地」として知られるルート75です。中間地点の出口近くで、セミノール族インディアン居留地が提供する、エアボートツアー、スワンプバギーツアー、エバーグレーズに関するエンターテイメントショーを楽しむために、「Billie Swamp Safari」を訪れることができます。

マイアミ南部からルート1は、島々の間に掛かる数百の橋と長橋を渡る「オーバーシーズハイウェイ」と呼ばれます。マイアミ南部からキーウェストまでの約100マイルに伸びるこの道路を進むにつれ、魅力のある絵のように美しい漁村を多数通過します。キーウェストまで半日も掛からずにドライブできます。

原作筆者: Mike Leco
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: Paul
写真詳細: サウスビーチには、トレンディーなバー、高級ダンスクラブのすばらしい選択があります。