USAtourist's 2013 Hotel and Car Rental Discounts.  Save up to 30% instantly.
デスバレー国立公園
ワシントン国立公園
カリフォルニア
旅行目的地
航空券, ホテル & レンタカー
国立公園

デスバレー国立公園

Wild flowers© Michelle Leco / USATourist.com
いつもより雨の多い春の後は、谷底は何年も休眠していたワイルドフラワーが咲き乱れます。

デスバレー国立公園は、カリフォルニア州とネバダ州の東部州境に沿って、ロサンゼルス(カリフォルニア州)から北東に約200マイル(330 km)の場所に位置しています。デスバレー国立公園は、シエラネバダ山脈の東に50マイル以内にあり、全く雨も降らず、レインシャドー砂漠という荒地に位置しています。太平洋を抜ける湿気は、シエラネバダ山頂の上部に雨をもたらし、そのためデスバレーにはほとんど雨が降りません。

デスバレーの全長はほぼ100マイル(165 km)で、幅は6マイル(10 km)から15マイル(25 km)までと様々です。デスバレーは5,000 フィート(1500 m)から10,000フィート(3000 m)の高い山脈によって、東側と西側が保護されています。デスバレーの谷底の年間降水量は、2インチ(5 cm)です。一般的に、雲のない晴れた青い空が年間を通しどの季節でも見られます。

北アメリカで最も暑い場所

高い山の尾根に挟まれ、周りから引き離されているので、デスバレーはどんな涼風からもとても保護されています。ほとんど絶え間なく射す日差しは、一般的に谷底と岩壁を高温に熱します。7月と8月は、日中気温が華氏130° F (50° C)というのは珍しくなく、また、夜は華氏100 ° F(38° C)以下になることはめったにありません。デスバレーを訪れる最も良い季節は、日中の気温が華氏65~70 ° F(18 ~21° C)ととても快適なになる、12月または1月です。

季節的に移住するネイティブアメリカのいくつかの部族は、暑い夏時期には少し標高の高い場所に移動し、冬時期により暖かいこの谷へ戻って帰り、長期間わたり冬の居住地としてこの谷を使用しました。現在、小部族のショショーニ族インディアン居留地がファーナス・クリークにあります。

デスバレーの歴史

Sand dunes© Michelle Leco / USATourist.com
ストーブパイプウェルズ近くのサンドデューンは、散策し、風景が楽しめる人気な場所です。

デスバレーという名前は、カリフォルニアに向かって陸路を行く移民者たちの幌馬車隊が、数週間この谷で道に迷ってしまった、1849年に名付けられました。彼らは幌馬車を燃やし、生き残るために牛を料理しなければなりませんでした。この谷でメンバーのうち数人が命を落としました。ついに谷からハイキングして出た時、メンバーの1人の女性が「さようなら、デスバレー」と言い、その名前が残りました。

後に、デスバレーは、金、銀、その他の価値ある鉱物を求める、恐れを知らない探鉱者によって探検されました。遂には、デスバレーは、最寄りの鉄道までの165マイルの距離を、精製した鉱物を運搬するために、20頭のラバによって引かれた大きな荷馬車を使用した、いくつかのホウ砂鉱山を支えました。結局、これらのオペレーションは不経済であるとされ、取り止められました。

Save 20% on your hotel

デスバレーへ運転して行く

ロサンゼルスからデスバレーへは、シエラネバダ山脈の東部側に沿ってルート395を北へ向かい、その後、ルート190を東へ向かい、デスバレーに車を運転して行くことができます。この道のりは約220マイルで、少なくとも5時間掛かります。

ロサンゼルスからデスバレーへ、ルート190へパーランプとデスバレー・ジャンクションを通過することにより、2時間少々で車を運転して行くことができます。どちらの方法でも、この荒れ果てた土地に行く前に、タンクいっぱいのガソリンとたくさんの飲料水を持参することをお忘れなく。

デスバレー・ジャンクションは、人口3人だけのほとんど見捨てられてホウ砂鉱山の町です。デスバレー・ジャンクションは、1966年にほとんどゴーストタウンのこの町を好きになった、ニューヨークのバレリーナのマルタ・ベネットによって復活された、有名なアマゴサ・オペラハウスがある町です。マルタは自分でシアターを再建し、そして40年以上にわたりこの砂漠で毎週劇場パフォーマンスを上演しました。

国立公園内の宿泊施設

デスバレー公園内にあるただ1つの施設は、ファーナス・クリークとストーブパイプウェルズにあります。ガソリン、宿泊施設、食べ物、そして限られた種類の物などが、この両方の場所で入手可能ですが、価格はやや高めです。国立公園の外で、最も近くにある宿泊施設、食べ物、ガソリンは、西側入口の直ぐ外のパナミント・スプリング、そして国立公園の東に35マイル行ったアマゴサ・バレーにもあります。

デスバレー国立公園内の様々な場所でキャンプすることができます。一部のキャンプ場は最も暑い時期に閉鎖しますが、少数のキャンプ場は年間を通して営業しています。夏のデスバレーでのキャンプは、日中の温度でバター、チョコレート、ロウソクなどが溶けてしまうことに気づきた場合、かなり挑戦的な物になりえることでしょう。

Bad Water© Michelle Leco / USATourist.com
バッドウォーターへボードウォークに沿って歩いて行きます。

美しい景色

このとても暑く近づき難い土地は、妙に美しくもなりえます。ストーブパイプウェルズ近くの広々とした砂漠の小さな場所には、典型的な砂漠の風景があります。海抜下282フィートのバッドウォーター近くは、西半球で最も海抜の低い地点で、広い平らな谷底は、きらめく白い塩が巨大に広がり、きらりと輝いています。全く対照的なのは、ファーナス・クリークが緑のメスキートの低木と背の高いナツメヤシのオアシスを提供していることです。

アーティスト・ドライブとゴールデンキャニオンは、乾き切って侵食した谷の壁に露出した、鉱物の堆積する多彩な色が遠く見渡せます。未舗装の道路を行く、20マイルの道のりよって到達可能なダンテスピークへのドライブは、頂上5,700フィート(1750 m)からの谷全体の景観を提供します。

デスバレー国立公園内には、観光客および冒険好きな人たちに開放されている、多くの孤立した道路とハイキングトレイルがあります。観光客がめったに訪れない、デスバレー国立公園内のそれほどアクセス可能でない場所へ簡単に車を運転する、またはハイキングして行くことができます。この土地では、燃料計を常に気にかけ、多くの飲料水を持参することが賢明であることを覚えおいて下さい。

原作筆者: Mike Leco
訳: Yoko Sugiyama
上部写真撮影: © Urban
写真詳細: デスバレー国立公園